レジーナの“Baby Love”。

残念ながら彼女のヒットは全米第10位になったこの曲1曲でありました。
上のビデオ…デビューした頃のマドンナにそっくりですね(^_^;)。

◆レジーナはレジーナ・マリー・カッティタ、またはレジーナ・リチャーズ。ニューヨークのブルックリンで生まれのアメリカ人の女性シンガー。彼女は、当初はニューウェイヴのバンド“レジーナ・リチャーズ・アンド・レッドホット“のフロントウーマンとして、1970年代後半にキャリアをスタートしました。

「Baby Love」を当初はマドンナか他のアーティストに提供するつもりで書いた曲らしいです。でもレジーナが所属するアトランティック・レコードは、レジーナ自身がこの曲を歌うことを要求し、全米10位の大ヒットとなりました。
(当時の音楽出版物は、レジーナのマドンナとの類似点について頻繁にコメントし、彼女を「なりすましの女王」(queen of the wanna-bes)と呼んだそうです(^_^;)。



Screenshot 2024-06-23 11.13.32



Songwriter(s)
Stephen Bray、Regina Richards、Mary Kessler


Released in 1986
US Billboard Hot100#10
From the Album “Curiosity“

*原詞の引用は太字

Boy, there's no one home tonight
The timing could be right to forget the rules
We're out of school until tomorrow

ねえ  今夜は誰も家にいないわ
ルールを忘れるにはちょうどいいタイミング
あたしたち 明日まで学校は休みだし

Now, if only you would stay
There's so many games we'd play
Why should we pretend to be just friends
When we could be so much more?

あなたがこのまま いてくれてばいいのに
だって やりたいゲームがたくさんある
なぜ ただの友達のふりをしなきゃいけないの
あたしたち もっと仲良くなれるのに?

Baby love (you are my)
Baby love (just call it)
Baby love (you are my)
Baby love (just call it)

ベイビー・ラヴ(あなたはあたしの)
ベイビー・ラヴ(そう呼ぶわ)
ベイビー・ラヴ(あなたはあたしの)
ベイビー・ラヴ(そう呼ぶわ)

Words don't mean so much to me
I'd rather wait and see, see what happens
When the lights go down with your arms around me

言葉はあたしには意味がない
あたし待つわ  何が起こるか見たいから
ライトが消えて あなたの腕があたしを包む

Time to leave the world behind
Save it for another time
'Cause I don't remember where I am
When you start to love me (love me)

世界なんて後ろに放っておいて
また別の時の機会に取っておけばいい
だって あたしは自分の居場所を覚えてないの
あなたがあたしを愛し始めるのよ(愛して)

Baby love (you are my)
Baby love (just call it)
Baby love (you are my)
Baby love (just call it)

Ooh, baby, baby love
Ooh, sweet and tasty
Baby, baby love
Ooh, ooh-ooh

Boy, I want you by my side
There's no reason we should hide how we feel
When we are near each other, undercover

ねえ あなたにそばにいてほしい
あたしたちがどう感じているか隠す必要はない
二人近くにいる時も 隠れている時も

Warm, I hold you close to me
You're perfection, first degree
'Cause I don't remember where I am
When you start to move me (move me)

温かいわ…あなたをそばに抱きしめる
あなたは完璧 第一級の人よ
だってあたしは自分の居場所を覚えてない
あなたがあたしを動かし始めるの(あたしを)

Baby love (you are my)
Baby love (just call it)
Baby love (you are my)
Baby love (just call it)

Baby love (you are my)
Baby love (just call it)
Baby love (you are my)
Baby love (baby love)

Baby love (you are my)
Baby love (just call it)
Baby love (you are my)
Baby love (just call it)

ベイビー・ラヴ(あなたはあたしの)
ベイビー・ラヴ(そう呼ぶわ)
ベイビー・ラヴ(あなたはあたしの)
ベイビー・ラヴ(そう呼ぶわ)

日本語訳 by 音時


200709084


◆この曲がチャートで最高位を記録した週の全米ビルボードチャートを見てみましょう。

US Top 40 Singles For The Week Ending 13th September, 1986
TW LW TITLE Artist (Label)- Weeks on Chart (Peak To Date)

1986年の9月、バナナラマ“Venus”からベルリン“Take My Breath Away”に1位が変わります。2位ライオネル、3位ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースも勢いあり。(1位になります)時代…ということで言えば、9位が“Walk This Way”が“あああの頃か!”というヒット曲になりますね。
 レジーナは2週間10位となりました。(残念ながらレジーナのヒット曲としてはこの1曲…)

1 2 TAKE MY BREATH AWAY –•– Berlin (Columbia)-13 (1 Week at #1) (1)
2 4 DANCING ON THE CEILING –•– Lionel Richie (Motown)-9 (2)
3 6 STUCK WITH YOU –•– Huey Lewis & The News (Chrysalis)-7 (3)
4 5 FRIENDS AND LOVERS –•– Gloria Loring & Carl Anderson (USA Carrere)-11 (4)
5 1 VENUS –•– Bananarama (London)-12 (1)

6 3 HIGHER LOVE –•– Steve Winwood (Island)-14 (1)
7 7 SWEET FREEDOM –•– Michael McDonald (MCA)-14 (7)
8 8 WORDS GET IN THE WAY –•– Miami Sound Machine featuring Gloria Estefan (Epic)-14 (8)
9 10 WALK THIS WAY –•– Run-D.M.C. & Aerosmith (Profile)-8 (9)
10 11 BABY LOVE –•– Regina (Atlantic)-13 (10)


◆この曲、1991年にカバー曲がイギリスのシングルチャートでヒットしました。歌っていたのは、オーストラリアの歌手ダニー・ミノーグ(カイリー・ミノーグの3つ下の妹さん)!です。