この曲もなかなか好きでした。ズンズンと先に先に進んでいくような曲、2人のボーカルの掛け合いもよく、タイトルもカッコいい。何か意味ある曲に違いないと思っていたら、全米1位になってしまいました!


◆メンバー2名のカート・スミスとローランド・オーザバルは13歳のときからの知り合いです。
 アルバム「Songs From The Big Chair」の収録曲では、「Shout」(全米1位)と「Head Over Heals」(全米3位)の2曲を作るのに「4か月かかった」と言いますが、この曲は3日でレコーディングが終わったとのこと。ローランドは「僕はこの曲はあまり好きじゃなかったけど、クリス(プロデューサー)の言う通りにしたんだ。Tears For Fearsらしくない曲だし」と言っています。
…えっ?この曲聴いて、彼らをいいと思ったのに(-_-;)。

tff1TFF


◆「この曲を入れたのはアメリカでヒットさせるためだ。アメリカの人たちが好きなドライヴ・ミュージックみたいだからね」とカートは言っています。ファースト・シングルは各国では「Shout」が選ばれたのに対して、米国ではあえて「Everybody Wants To Rule The World」という選択が見事にあたりました。
…そうかこの曲の先に進んでいくような感じはそういうことなのか。日本でも車のCMに使われたのも理解できます。

Ruletheworld


◆なので本人たちが気に入っていない曲を気合いれて訳すのもなあ(-_-;)などと思ってしまいましたが“Everybody Wants To Rule The World”という言葉は意味ありげな感じですよね。


 本当に世界を征服しようとしている人たちがこの世の中にはいる、とも取れますし、人と人との関係のなかで自分を中心に支配しようとする人も…。そんな社会や人間関係のなかで、そのことを理解しながら、僕たちは生きていくんだ…とそんな意味でこの曲を受け止めました。

Songwriters: Hughes, Chris / Orzabal, Roland / Stanley, Ian
lyrics c EMI Music Publishing

20180602_c5d8de

Released in 1985
US Billboard Hot100#1
From The Album“Songs from the Big Chair”

:原詞は太字

Welcome to your life
There's no turning back
Even while we sleep
We will find you
Acting on your best behaviour
Turn your back on mother nature
Everybody wants to rule the world


きみの人生にようこそ
もう振り返ることはできないよ
みんなが眠っている間ですら
きみがいい子ぶってるのがわかる
だって自然の摂理に逆らってまで
誰もが世界を支配したがってるんだ

It's my own design
It's my own remorse
Help me to decide
Help me make the most
Of freedom and of pleasure
Nothing ever lasts forever
Everybody wants to rule the world


そいつは僕の計画
そいつは僕の後悔
決心するのに手を貸してよ
自由や喜びを味わうのに
力を貸してよ
永遠のものなど何もないのに
誰もが世界を支配したがるんだ

There's a room
where the light won't find you
Holding hands
while the walls come tumbling down
When they do I'll be right behind you


暗くて光も通さない場所
そこにきみがいるんだ
壁が崩れ落ちる間
手を握って離さないでね
誰がどうしようと僕はきみの味方なんだから

So glad we've almost made it
So sad they had to fade it
Everybody wants to rule the world


嬉しいことにもう少しでやり遂げられる
悲しいことに消えていくしかない運命だ
それなのに
誰もが世界を支配したがっている

I can't stand this indecision
Married with a lack of vision
Everybody wants to rule the world
Say that
you'll never never never never need it
One headline why believe it ?
Everybody wants to rule the world


こんな優柔不断や見通しのなさには
僕もう堪えられない
誰もが世界を支配したがってるんだ
しっかりと言ってくれ
そんなもの要らないんだって
ニュースの見出しだけで
どうしてそんなもの信じられるんだ?
誰もが世界を支配したがってるから

All for freedom and for pleasure
Nothing ever lasts forever
Everybody wants to rule the world


すべては自由と喜びのためにある
永遠に続くものなどありやしない
それでも誰もが
世界を支配したがってるんだ…

(Words and Idioms)
turn one's back on
=~に背を向ける、~を無視する
remorse =自責の念 良心の呵責
make the most of…
=…を最大限に活用する, できるだけ利用する.
right behind you =味方になる
indecision =優柔不断 ためらい

日本語訳 by 音時

R-124187-1349004315-5948.jpeg


◆この曲が収録された「Songs From The Big Chair」というアルバム。彼らのセカンド・アルバムです。タイトルの由来がウィキペディアに載っていました。

2ndアルバムの原題『Songs From The Big Chair (大きな椅子からの歌集)』は、『Sybil』という映画から取られている。主人公の少女シビルは16の人格を持つ多重人格者で、治療中に医師の大きな椅子に座っているときにだけ安心感を得られた、というエピソードから。フローラ・R・シュライバーによるこの作品の原作は『失われた私 多重人格シビルの記録(旧題・シビル-私の中の16人)』というタイトルで日本でも出版されている。

Sybil1976poster


カート・スミスが「僕のアイデアなんだ。少しひねくれてるけどユーモアで受け止めてよ。1985年3月にそのようににインタビューに答えています。

tearsforfears-85-300x219

◆“Everybody Wants To Rule The World”が1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles June 8, 1985

ワム「恋のかけひき」を蹴落して1位に。ティアーズ・フォー・フィアーズは2週1位のあと、ブライアン「Heaven」に王座を譲ります。ただし2か月後にはアメリカでの第二弾シングル「Shout」で彼らは再び全米を制覇!

-1 2 EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD -Tears For Fears
-2 1 EVERYTHING SHE WANTS - Wham!
-3 3 AXEL F - Harold Faltermeyer
-4 5 SUDDENLY - Billy Ocean
-5 7 HEAVEN - Bryan Adams

-6 8 THINGS CAN ONLY GET BETTER - Howard Jones
-7 9 IN MY HOUSE - Mary Jane Girls
-8 4 DON’T YOU FORGET ABOUT ME - Simple Minds
-9 10 FRESH - Kool & The Gang
10 11 WALKING ON SUNSHINE - Katrina & The Waves


◆ライヴ (Belgium/France, 2007).

  


◆"The Big Chair"...アルバム名は"Songs From The Big Chair"なのに、そのタイトルを冠したインストゥルメンタルのこの曲はアルバムに収められず、"Everybody Rule The World"のB面曲のみとしてリリースされました。「Sybil」の音源をサンプリングした不気味な曲(音源)です...(^▽^;)





◆10代のギタリスト、西村ケントさんのアレンジで…超絶かっこいいです(^_^)。



(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Tears For Fears
・ビルボード・ナンバー1ヒット 1985-1988Ⅲ(音楽之友社)