洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

◆基本的に毎日5:00、On Timeに更新します。
◆あなたの想い出の曲が登場したら、ぜひその想い出もコメントしてください…!
アーティスト紹介のブログではなく、楽曲主体の記事になっていますので、できましたらその曲についての思い出や和訳の感想などをいただけるとありがたいです。
(初めてコメントされる方は、簡単にでも自己紹介をお願いいたします。いきなり自分の言いたいことだけコメントされる無礼な方には返信しませんのでご了解ください)*注文が多くてゴメンナサイ…m(__)m
◆和訳のリクエストはいただいても実現をお約束できません。英語が得意な訳ではないので、自分の気に入った、解釈可能な曲でないと無理です(^_^;)。でも知らない曲でも、その曲の想い出を聞いたりするのは好きですので、想い出と一緒に曲をご紹介頂ければできるだけチャレンジしたいと思っております。
◆ヒットした年別検索、アーティスト別検索は、右の「タグ絞り込み検索」からできます。

(コメント欄は承認制にしております。ご了解ください)

“フライ・アウェイ”…ジョン・デンバーとオリビアが共演。この当時も話題になっていましたね。ジョンの歌声にオリビアがバックでそよ風のように歌ってくれました。“飛び立つのよ…”Songwriter(s) John DenverReleased in 1975US Billboard Hot100#13From the Album “W ...

既掲載曲です…レスリー、R.I.P…。+++++++++++++レスリー率いるベイ・シティ・ローラーズ、2020年に2月に来日ツアー!4都市8公演で構成され、大阪、名古屋、東京では1日2回公演を開催(福岡公演は1日1公演開催)。1stステージと2ndステージでは、それぞれ違う ...

フィラデルフィア出身のシンガー・ソングライターの“Keith(キース)”。本名はジェイムズ・バリー・キーファーっていうんですね。キースの最も有名な曲は「98.6」(1966年 ビルボードホット100で最高位7位)ですね。この数字ですが、98.6 は華氏で表された体温の平熱を指 ...

 1976年当時、「BCRの新曲"マネー・ハニー"です!」とラジオで初めて聴いたときには…"なんだこの曲"と思ってしまいました。 "青春に捧げるメロディー"や"二人だけのデート"の後でしたので、僕が彼らに期待してたのは、メロディアスな曲だったんだな。ロックな曲だったら、 ...

  オーストラリアから世界の歌姫に…!この曲はカイリーの世界デビューとなったセカンド・シングル。カイリーの初期の代表曲の一つであり、イギリスやオーストラリアなどで1位を記録。日本でも、オリコン洋楽シングルチャートで1988年6月20日付から12週連続1位を獲得してい ...

アルバムもB面に移ります。「マイ・リサ」はしっとりバラード。昔の恋人リサにもう一度どうかな…とレスリーが呼びかけます。うん、もし僕が女子に生まれ、中学Ⅰ年生だったら…ヘッドホンで毎日のように聴いて心のなかで『レスリー…❤』とつぶやいていただろうな。(気持ち ...

かみさんが分厚い星占いの本を持っていたので聞いてみると、「生まれつきの性格がわかる」とのこと。僕はふだんは占いなどは信じないのです(^_^;)が、まあどんなものかな?と思って見てみると…僕は…“オール・オア・ナッシングの人”(あなたの最大の長所)純粋な意欲・エ ...

 この曲は米国ビルボード(シングルチャート)では54位にとどまりましたが、日本で大ヒットしましたね。◆当時、、まだ売れに売れているグループだからこそ「We Don't Wanna Be! Yesturday's Hero!」というセリフが吐けたんでしょうね。イントロでの“We Want Rollers!” ...

アルバム「青春に捧げるメロディー」でカバーされた曲は名曲ぞろい!A面4曲めは“Don't Worry Baby”。はい、ビーチ・ボーイズのナンバーです。コーラスアレンジもそれっぽいですよね!ビーチ・ボーイズの“Don't Worry Baby”の和訳記事はこちら。(でも僕が最初に聴いた ...

なかなかノリがいい楽しいロックソングです。僕は結構好きですよ。ただ1点を除いては…うーん、それは…歌っているのがロバート・プラントであったこと…(^_^;)やっぱりレッド・ツエッペリンの曲ってハードで重厚なギターサウンドで、それにドラムとヴォーカルが負けじと ...

リンダの最初の全米トップ40ヒット(最高位は1970年の25位)の“Long Long Time”。ゆっくりとしたテンポながら、力強いボーカルを聴かせてくれるナンバーです。歌詞は…なかなか実らない悲しい恋…。ん?だけど現実的には相手との何かしらのやりとりは何もなかったのかな?( ...

A面2曲めは“You're a Woman”。邦題は“すてきな君”と付けられています。作者ははエリックとウッディ。BCRが誇るソングライティングのコンビですね。タイトルは“すてきな君”と付けられてはいますが、内容は…ちょっと深〜いかな。あの小さな少女(a little girl)だっ ...

 おおっジャネットの前髪、どんなにダンスしてもずっと固まって動かない!(←突っ込むのそこ!?) この曲後半は、ほとんど「あなたを想っている」女性の空想の世界のダンス?なのかな。◆グループ「タイム」。そのメンバーであったジャムはキーボード、テリーはベースの ...

さあ7月です。7月のアルバム全曲特集は…ベイ・シティ・ローラーズ「Dedication」(青春に捧げるメロディー)にします!当時は、ケッ、BCRなんて「おんなこども」が聴くものさ、なんて言ってましたね〜。陰で聴いていても…(^_^;)。◆この曲A面トップ。“Let's Pretend” ...

ポイズン(Poison)はおバカなパーティー・ソングが多いけど、法律は守ってるし、クスリのことは歌っていない(と思う)し、女性を下に見てるようなことはないし…僕は好きなバンドです。 この曲の入ったアルバムの邦題は「初めての…AHH」!? 日本でこのアルバムをショッ ...

七月七日、…やっぱり七夕にはこの曲を思ってしまいます。(毎年だな)この曲で今年の【星のうた】特集は締めくくりです。あなたの願いがかないますように…!(^o^)******************◆この曲、"星が落ちてくるのを待っている"ってどうしてかな?と思って ...

 スタイル・カウンシルの“My Ever Changing Moods”…米国のシングルチャートでヒットしたスピード感のあるバージョンもカッコいいなあ、と思うのですが、僕はやっぱりアルバム「Cafe Bleu」のピアノ・バージョンが好きだな。僕の受け止めですが、この曲の歌詞を素直に歌っ ...

テイラー・スウィフトのアルバム"Red"。この曲"Starlight"もストーリーがあって好きでした。この曲に出てくる登場人物はとあるカップル。曲そのものに名前は出てきませんが、このカップルの名は"ボビー(Bobby)"と"エセル(Ethel)"であることは様々な情報からわかっていま ...

↑このページのトップヘ