洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:Styx

 イントロが長く続き、何が始まるんだろう…とちょっとどきどきしました。まだStyxのプログレ色が強かった印象がありましたね。この曲はアルバム「The Grand Illusion(邦題:大いなる幻影)」から、「永遠の航海(Come Sail Away)」に続くシングルとしてリリースされまし ...

 スティクスのこの曲"Lady(邦題"麗しのレディ")は、彼らが"The Grand Illusion"、"Pieces Of Eight"…と売れてきてから遡って聴きました。 1975年の全米で6位になったビッグヒットではありますが、収録されているアルバムは1973年リリースの"Styx Ⅱ"なんですね。この曲 ...

おお、星船さんブログ、デニスの"Desert Moon"は前編に過ぎなかったんですね!後半にトミー・ショウの"Girls With Guns"が控えていたとは…!あらためて気づきました。この2人のソロは同時期1984年のことだったんですね。チャート成績ではデニスが勝利しましたが、トミーのこ ...

  これまで取り上げてきたStyxの和訳記事はこちらです。え~あらかじめ申し上げておきますが、「死刑が不要だとか必要だ」とかそういったことはこの際考えずに、純粋にこの曲の歌詞について紹介したまで、ということでよろしくお願いしますね(^▽^;)。そういうことで!◆ ...

(これまでに このブログで取り上げたStyxの和訳記事はこちらです) この曲もよく聴いたなあ。想い出もありますなあ。トーキングモジュレーターや間奏のギターも懐かしい。スティクスの来日公演も良かった。◆「The Best Of Times」は、アルバム「パラダイス・シアター」の1 ...

スティクスの「Music Time」は彼らの1984年のライブ・アルバム「Caught in the Act」のオープニングに収録されたスタジオトラックナンバーでした。全米トップ40チャートでは、放送ギリギリの40位を2週!という残念な成績でした。◆ちなみに"Caught in the Act"というイディ ...

とても楽しそうなライヴですね!トミー・ショウが歌い、バックにサンタ帽をかぶったオーケストラ(クリーブランドの学生さん)が!◆収録されたクリスマス・アルバム(オムニバス)CDのライナーノーツ(英語)には次のようなことが書いてありました。・前々からオリジナル ...

 僕はこの曲がずっと好きでしたが、Styx=プログレの図式のなかでは、「Babe」は明確に“産業ロックバラード”と揶揄されもしましたね。アルバム「The Grand Illusion]「Pieces Of Eight」はPOPになったとはいえ、貫くコンセプトがあり、歌詞では幻想的なものや人間の力の及 ...

この曲はアルバム「コーナーストーン」のなかでも異色の曲でした。このもの淋しいサウンドとボーカル、アコーディオンとマンドリン、ウッドベースを使ったヨーロッパの民族音楽のアレンジ。「Boat On The River」は日本では結構ヒットしたんじゃないかな。 1982年の武道館公 ...

有楽町丸井の8階で開かれています「ウドー音楽事務所 海外アーティスト招聘の奇跡」に行ってきました。(こちら専用サイト)懐かしいフライヤー(チラシ)やパンフレットの表紙が年代ごとに貼ってあって、本当に懐かしかったなあ!僕が初めて行った日本武道館のコンサート ...

↑このページのトップヘ