洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:StevieWonder

アルバム"Hotter Than July"は聴きやすい曲が多く、よく聴きました。なかもA面の"Rocket Love"とB面の"Latley"はどちらも悲しいバラードで、年頃の性格が暗かった(^▽^;)僕はシンパシーを感じて気にいっておりました。なんかこの2曲を聴くときは部屋を暗くしてヘッドホンで聴 ...

バレンタイン・デーだからってわけじゃなく…いや、バレンタイン・デーなので本日の和訳の1曲目は既掲載の曲ですが、スティーヴィーの"心の愛"をお届けします。2021 St.Valentine's Day ということで「ラブソング」特集です。***************◆この曲はほん ...

ちっちゃいクリスマスツリーは大きくなれなくていつも空を見上げて泣いていました…  この曲はスティービー・ワンダーのクリスマスアルバム「想い出のクリスマス(Someday At Christmas)」に入ってる曲。このアルバムは、心がほっこりする曲が多いのですが、やっぱり表題 ...

 太陽☀は輝き明るいだけじゃなく「あったかい」もの。生まれつき目が見えないスティービーだからこそ、そのことを体に知っている。愛する大切な人は太陽のような存在なんですね。僕が中学生のときに書いた訳詞では、the apple of my eyeを「目の中のリンゴ」と訳してました ...

このブログでこれまで取り上げてきたスティーヴィー・ワンダーの和訳記事はこちらです。 人と人とが今のようなリアルタイムのコミュニケーションができなかった時代、「郵便」はドラマになるので、テーマにした楽曲も沢山できますよね。(「電話」もそうですね。今度「テー ...

このブログに登場したスティービー・ワンダーの和訳記事はこちらです。スティーヴィーには漢字2文字の邦題を持った曲が何曲かありますね。というか、「迷信」(Superstition)が大ヒットしたから日本のレコード会社さんが漢字二文字で邦題を付けようとしたんでしょうね。 ...

【これまで取り上げてきたスティーヴィー・ワンダーの和訳曲記事はこちらです】 アルバム"Hotter Than July"のA面は曲間のつなぎが短く、悲しい曲"Rocket Love"が終わったかなと思うと、この曲"疑惑"がいきなり始まります。スティ―ヴィーの出だしの声が低いので何て歌って ...

スティーヴィーの1967年発表のクリスマス・アルバム"想い出のクリスマス(Someday At Christmas)"のタイトル曲です。でも歌詞は"想い出"を歌ったものではなく、"戦争や憎しみをなくそう"と平和で自由な世界を願う歌なんですね。前半の歌詞に出てくる"men"はそのまま「男たち ...

やばい、やばい曲をお届けしてしまいましたっ!「Part Time Lover」に対峙するのは「Full Time Lover」でしょうか。最終的に「Part Time Lover」は彼らだけではなかった…。◆スティーヴィーのコメントです。“僕の書く歌はすべて自分の体験を通して生まれている。今思い出す ...

  この曲は日本での邦題で覚えていたのですが、全米ではシングルカットしてなかったのは知りませんでした。  アルバム「ファースト・フィナーレ」からのシングルカットは全米1位になった「You Haven't Done Nothing(悪夢)」と「Boogie On Reggae Woman」の2曲だったんで ...

↑このページのトップヘ