洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:Queen

待ちに待って発売日当日に買ったレコード「華麗なるレース」。B面のラストに日本語で歌うこの曲が入っていたのにはビックリ。同時にクイーンメンバーから日本のファンへの信愛なるメッセージだと受け止め感動でじわっとしました。 映画「ボヘミアン・ラプソディ」では使用さ ...

今日は「華麗なるレース(A Day At The Races)」のロジャー曲!◆この曲“Drowse”は邦題が“さまよい”と付けられて、アルバム「華麗なるレース(A Day At The Races)」のB面4曲めに収録されていました。 クイーンのアルバムのロジャー曲は“俺はロックや車好きなんだ ...

「華麗なるレース(A Day At The Races)」B面3曲めはフレディの魅力がいっぱい詰まったこの曲です!◆ブライアン作の重たい感じの「White Man」が終わると…さらっとした感じで始まるモダンな曲。"懐かしのラヴァー・ボーイ"は英国でシングルカットされ、全英チャートでは ...

 クイーンのメンバーの個性も発揮されて、バラエティに富んだポップスが次から次へと披露されるようなアルバム「華麗なるレース」! でもそのなかで、ちょっと異質な雰囲気を感じた1曲がこの「ホワイト・マン」でした。◆この曲のSongfactsページには、次のように書かれて ...

この記事は2018年11月に書いたものです…。***********映画「ボヘミアン・ラプソディ」観てきました!みなさんもぜひ劇場で鑑賞してください。 ウェンブリーでのライブ・エイドのクイーンのステージの再現には僕も涙ボロボロでした(*_*)。ネタバレをしてはいけな ...

「華麗なるレース(A Day At The Races)」収録曲のうち、ベースのジョン・ディーコンの曲。◆…といってもジョンはボーカルを取りません。 クイーンのアルバムを流して聴くと…シングルカットされて大ヒットした曲を除くと…妙に印象に残った曲はジョンの曲だった、とい ...

 アルバム「華麗なるレース」のA面4曲目のこの曲もフレディ、そしてクイーンサウンドの真骨頂!とも言えますね。 フレディのボーカルも変幻自在、ブライアンのギター・オーケストレーションも聴きどころです。いわゆる"ロック・バンド"の"ロック"じゃない。一つのジャンル ...

 アルバム「華麗なるレース」を発売日当日買った僕。 A面のブライアンの歌うこの「ロング・アウェイ」はすぐに気に入りました!前作「オペラ座の夜」の中に収録されていたブライアンがボーカルの「'39」を気に入っていたので、次の作品ではブライアンはどんな曲を作って ...

8月のアルバム全曲シリーズはクイーン!「華麗なるレース」(A Day At The Races)」にします! アルバム"華麗なるレース"のA面に初めてレコードの針を落としたとき、"何が始まるんだろう?"とワクワクしていたら、突然ドラが鳴り、始まるギターリフ! そして、フレディの" ...

↑このページのトップヘ