洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:Prince

 本日はプリンスの6年目の命日(-_-;)…(2016年4月21日に鎮痛薬の過剰摂取により57歳で死去)。この曲を取り上げてみました。◆1987年発表の2枚組アルバム“Sign o' the Times“。僕はリリース後、待って…レンタルで借りて録音しました!(←買わんのかーい!) 2枚目の ...

 プリンスの曲のなかでもわかりやすくてポップで好きです。シーラ・Eのドラムもゴキゲンでカッコいい!僕が単純なヤツなんだよな~(^▽^;)。(アルバムバージョンは間奏が長くて疲れるけど…) プリンスは才能はスゴイんだけど、2枚組“サイン・オブ・ザ・タイムズ”を ...

この曲を聴いて、プリンスは天才だ!ということが、よ〜くわかりました…。映画のなかでのジョーカー(ジャック・ニコルソン)の狂気がこの音楽と相まって、ものすごく怖くなります。これ、映画のジョーカーのセリフなどをプリンスがサンプリングするなかでできた曲なんだよ ...

 "Pop Life"!…跳ねるようなベースのファンキーな曲、キーボードや女性のコーラスの入り方もGood、終わりの方でいったん何かが割れるような音がしてブレイク、人々の声援、そしてまた演奏が始まり、そしてフェードアウト。好きですね~。また「音」もいいけけど、歌詞がポ ...

シーラ・E.のこの曲"グラマラス・ライフ"。女性のパーカッショニストって見たことなかったので、PVはカッコ良くて何回か見ました。(このPVでは2分05秒くらいでシンバルをキックするのもカッコいい)でも、曲は騒がしくて好きになれず…(^▽^;)。ずっと和訳してこなかったの ...

 僕が最後に買ったプリンスのアルバムは「パレード」。そのラストを飾っていたこの曲「Sometimes it snow in April」は覚えています...。"プリンス"らしくない!?静かな曲。そしてタイトルのインパクト。また、プリンス自身が監督となって作った映画「アンダー・ザ・チェリー ...

【Princeの曲でこれまで取り上げてきた曲はこちら】90年代のプリンス。この曲「Cream」もNo1になりました!新しいユニット"New Power Generation"を引き連れて…。相変わらずのエッチでダンサブルなサウンドです。このビデオも…(^▽^;)。でも、この頃はもう僕はアルバムで ...

アルバム「1999」のA面の3曲。「デリリアス」もカッコいい。「1999」は最高位12週だったけど、「デリリアス」はトップ10まで行ったんだな。このことについて、この曲のWikipediaでは、"その前に出した"Little Red Corvette"がラジオで流されるときに、DJ達は、アルバムでい ...

プリンスの誕生日は1958年の今日、6月7日。すでにこの世に別れを告げてしまったひとではありますが、誕生日をお祝い!したいと思います…。さてこの曲"KISS"は好きか嫌いか、人によって分かれるかもしれません。でもこの3分半ほどの尺のなかでポップでセクシーな曲をコンパ ...

↑このページのトップヘ