洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:PetShopBoys

このイントロ…そして「それは罪だよ」というタイトル(歌詞)。このPVもとても意味ありげで宗教的。ですので、信心深くない僕なんぞは、この曲を聴くときは真剣に聴かなくてはいけない気になってしまいます。そんなことからも和訳は避けてきていました…。でも星船さんがや ...

 この曲は歌詞が「カネ稼ごうぜ!」と露骨で、1984年当時も結構びっくりしました。でもこれは当然、ペット・ショップ・ボーイズの2人がほんとに言ってるわけではなく、当時の社会、政府を批判した…ってところの曲でしょうね。◆80年代の英国はサッチャー首相の敷いた「サ ...

ドミノのようにバタバタ倒れていくのは何でしょう?はい、妖しい、けど魅力的な女性に、男どもがバタバタと倒れていくんですね!(上記のPVを参考に)ドミノを慎重に並べていって最後に…、こういうことをやっている人のBGMにこの曲をかけてみてはどうでしょう!?(←なんてブ ...

 洋楽ポップスを色々知っていくなかで、たくさんのアーティストやシンガーの名前が耳に目に入ってきましたが、なかなか自分では歌を聞いていない人も多くありました。男女の性別もわからないというアーティストもしばしば…。◆1986年にヒットしたエディ・マネーの“Take me ...

  80年代の洋楽シーンのなかで、ペット・ショップ・ボーイズの登場はなかなかセンセーショナルでしたね。サウンドはエレクトリックなダンスポップなのですが、歌詞にはヒネリや皮肉が含まれていて意味深な感じです。ボーカルのニール・テナントとキーボードのクリス・ロウ ...

↑このページのトップヘ