洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:PaulYoung

コリー・ハートとポール・ヤングのジョイント公演。そのテーマとなった"Young At Hart"。これ"Corey Hart"と"Paul Young"の両方からの名前を取ったネーミング。"心をいつまでも若く"…"Young at heart"と引っ掛けてるんですね (^▽^)!◆このテーマをタイトルにした、2人 ...

 この曲は今回の日本公演では歌わないだろうなあ。でも大好きな曲です。 ポール・ヤングの曲が1992年に久しぶりにトップ40に入ってきました。この曲"What Becomes Of The Brokenhearted"は映画"フライド・グリーン・トマト"(1991)の挿入歌だったんですね。Hot100では最高 ...

この曲も多分歌ってくれるでしょう。ポールのゆったりしたソウルボーカルが聴けますよ。"Oh Girl"って、"ああ ガール"って和訳しました。あれこれ考えましたが、"ああ 愛しいきみ"とか"ああ 女の子!"って訳すより感じが伝わるかな、と思って...。◆日本語では"ああ 女の子 ...

ポール・ヤングはカバー曲の名人!と思いますが、彼自身が作る曲もナイーヴな若者の姿が見えます。彼のサード・アルバム「Between Two Fires」は10曲中カバーが3曲で、7曲は作者はポール・ヤング自身となっています。(Ian Kewleyとの共作)◆この曲、気に入ってよく聴いて ...

ポール・ヤングはカバー曲のヒットが多いけれど、この曲は初めて彼のペンによるヒットになりました。(ポールの旧友イアン・キューリーとの共作です)◆"Everything Must Change"=すべては変わる運命なんだ、ですが、邦題は「心の道標」という副題がついています。せつせ ...

イントロのカッコ良さ、ポールのソウルフルなボーカルもよかった!女性ヴォーカルが途中で入ってくるのもドキッとしました。 ◆ポール・ヤングですが、全英でマーヴィンのカバー「愛の放浪者(Wherever I Lay My Hat)」が1位になり、その後全米で初めてトップ40に登場した ...

ポール・ヤングのデビューアルバム「さよならは言わないで(No Parlez)」は1983年にイギリスで1位になり、大ブレイクしました。 日本のレコード会社も彼を大プッシュしていた記憶があります。たぶんその影響で、僕は割とすぐ、アルバム「さよならは言わないで(No Parlez ...

ポール・ヤングの「Love Of The Common People」、邦題は「愛の絆」。◆この曲はポールのセカンド・シングルで、チャートは全米ではトップ40入りはならず、全英では2位という成績でありましたが、ポールのデビューアルバム「No Parlez(さよならは言わないで)」では印象的 ...

↑このページのトップヘ