洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:OliviaNewtonJohn

映画「グリース」(Grease)の挿入曲。この映画も楽しかったな。「あなたの夏休みはどうだった?」って歌ですね。 ストーリーはたいしたことない(失礼)が、ミュージカル映画として歌も雰囲気も楽しい。なんといっても「フィーバー!」で人気になったジョン・トラボルタと ...

ジョリーン、ジョリーン…ってホントに流行りました。日本で流行した洋楽ですね。オリビアが最後ものすごく高い声で"ジョリーン~"って歌うところを真似する男の子の友達がいました。また"髭剃りの歌か?(ジョリ、ジョリ…)"っていうくだらない冗談もしてましたね?(しま ...

このブログでこれまで取り上げてきたオリビアの楽曲の和訳記事はこちらです。在宅ワーク、まん延防止措置のなかではただでさえ運動不足のなかで、どうしても...ぜい肉が付いてしまいます...ね(^_^;)。みなさん、ストレッチ、トレーニング、 Let's Get Physical!ですね。◆オ ...

  この曲"Please Mr. Please"はアーリー・オリビアの魅力いっぱいの曲。歌詞に出てくる重要アイテムはジューク・ボックス!若い人はわからないだろうなあ。 現れた男たちを"button-pushing cowboy"と表現。"イライラさせる"男たちと、ジュークボックスのボタンを押そうと ...

このブログでこれまで取り上げてきたオリビアの楽曲の和訳記事はこちらです。 "Magic"(魔法)の雰囲気が出た曲でしたよね。"ザナドゥ"の物語から"魔法"をモチーフにして、オリビアの新しい路線=「妖艶さ」を感じました。4週連続No1は見事です。その後、でも「Physical」が ...

切ない表情で歌い上げるオリビア。"サム"も印象的なバラードでした。◆"たそがれの恋"(Don't Stop Believin')がなかなか好きだったので、日本でそのあとシングルになったこの曲、結構聴いていました。  でも調べてみたら「サム」は「たそがれの恋」のすぐ次ではなく、全米 ...

 "水のなかの妖精"…この邦題とこのジャケット。水のなかからこちらを見つめるオリビアと目を合わすことが少年はなかなかできませんでした(^▽^;)。原題は"Come On Over"なのですが、この印象的なアートワークを取り上げて、日本のレコード会社さんはよくぞ邦題をつけてく ...

「Don't Stop Believin'」といえば、ジャーニーの曲でしょ!という人が多いと思いますが、いやいや、オリビアの同名曲もいいですよ! 一途に男性のことを思う女性を歌った歌なのですが、なぜか邦題が「たそがれの恋」なので、歌詞の内容を知らないと「たそがれの恋」のこ ...

これまで取り上げてきたオリビアの和訳記事はこちらです。 オリビアの初期の頃の曲(アーリー・オリビア)の曲をたまに聴くとホッとする感じはありますね。◆僕がオリビアの曲を初めて聴いたのは"そよ風の誘惑"(1975)。実際にアルバムでよく聴いたのは、以下4枚かな。・HA ...

映画「グリース」で共演した2人、ジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン・ジョンが再びカップルに。1983年の映画「Two Of A Kind」の"邦題「セカンド・チャンス」と付けられました。そして主題歌のこの曲「Twist Of Fate」ですが、こちらは「運命のいたずら」という邦 ...

↑このページのトップヘ