洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:OliviaNewtonJohn

 "水のなかの妖精"…この邦題とこのジャケット。水のなかからこちらを見つめるオリビアと目を合わすことが少年はなかなかできませんでした(^▽^;)。原題は"Come On Over"なのですが、この印象的なアートワークを取り上げて、日本のレコード会社さんはよくぞ邦題をつけてく ...

「Don't Stop Believin'」といえば、ジャーニーの曲でしょ!という人が多いと思いますが、いやいや、オリビアの同名曲もいいですよ! 一途に男性のことを思う女性を歌った歌なのですが、なぜか邦題が「たそがれの恋」なので、歌詞の内容を知らないと「たそがれの恋」のこ ...

これまで取り上げてきたオリビアの和訳記事はこちらです。 オリビアの初期の頃の曲(アーリー・オリビア)の曲をたまに聴くとホッとする感じはありますね。◆僕がオリビアの曲を初めて聴いたのは"そよ風の誘惑"(1975)。実際にアルバムでよく聴いたのは、以下4枚かな。・HA ...

映画「グリース」で共演した2人、ジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン・ジョンが再びカップルに。1983年の映画「Two Of A Kind」の"邦題「セカンド・チャンス」と付けられました。そして主題歌のこの曲「Twist Of Fate」ですが、こちらは「運命のいたずら」という邦 ...

だいぶ寒くなってきました。そろそろコートも準備して...さて、今週は"秋"の歌を特集していきましょう!************ 邦題で"秋"が付いていても"秋"という単語は出てこない歌がよくあります。この曲もその1曲ですが、歌詞で「季語」をあげれば「月の光」「鳥の ...

1980年公開の映画「ザナドゥ」(Xanadu)。沢山のヒットを出したミュージカル・ファンタジー映画です。◆当時大人気のオリビア・ニュートン=ジョンを前面押し出し。映画では、半ば引退状態にあった往年のミュージカルスター、ジーン・ケリーが競演。音楽はエレクトリック・ ...

 オリビアの「Tottaly Hot」は映画「グリース」のサントラの大ヒットを踏まえて1978年に出したアルバムです。 ジャケットには黒の皮スーツを着た「グリース」のサンディちゃんが再び登場してます。でも日本の邦題は「さよならは一度だけ」という、ワイルドで変わったオリ ...

だんだん春めいてきました。すると、そよ風にのって...花粉の誘惑がやってきます(-"-)爽やかなタイトル「そよ風の誘惑」が台無しですね。失礼しました...!◆うーん、思い出せない。なんで小学校のときにオリビアが人気があったのか?何で知ったのか?カントリーロードやジ ...

あなたの朝に  いさせてねあなたの夜に  いさせてよ…とここまで言われたら…本音は……ちょっと一人になる時間が欲しいよね(^▽^;) オリビアの初のトップ10ヒットがこの“Let Me Be There”!(Top40ヒットだと1971年の「If Not For You」の25位があります)◆カントリー ...

映画「グリース」(Grease)の挿入曲。この映画も楽しかったな。「あなたの夏休みはどうだった?」って歌ですね。 ストーリーはたいしたことない(失礼)が、ミュージカル映画として歌も雰囲気も楽しい。なんといっても「フィーバー!」で人気になったジョン・トラボルタと、 ...

↑このページのトップヘ