洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:LindaRonstadt

 リンダの"ミス・アメリカ""アメリカの歌姫"というニックネームは、このアルバムのこの曲で決定づけられましたね。◆リンダが気合いを入れて歌う曲はもちろんこれまでもありましたが、アルバムジャケットの彼女は、ヘアスタイルはロング。"風にさらわれた恋"や"夢はひとつ ...

リンダの映画「Sound Of My Voice」、観てきました…!詳しくはまた今度書きますが、改めて、この人は歌が好きで歌で何ができるか、自分の可能性をとことん突き詰めていった挑戦者であるなあ…!と思いました。 頭のなかでは このように歌っている自分を想像できても、実際 ...

はい、歌姫リンダのドキュメンタリー映画「サウンド・オブ・マイ・ヴォイス」が4月22日から全国の映画館で放映されます!これは観なければ。上映館情報はこちらから。(続く、スージ−の映画やウエスト・コーストのアーティストの映画もみんな観てしまいそうです…!)(^_^; ...

 リンダ・ロンシュタットはキャピトル時代に3枚のアルバムを発表(このときにバックバンドにイーグルスのドンとグレンがいたんですね)。その後、アサイラムに移籍。ここでピーター・アッシャーと出会ったことでリンダの転機がありました。ピーターのプロデュースによる「 ...

"誘惑されて、振りまわされて、それでも想いはつのるばかり…「ミス・アメリカ」から1年5カ月。新しいリンダの魅力に心をかき乱されて、眠れぬ夜が続きそう。"シングル「お願いだから」のジャケットにこのフレーズが載っていました! ◆アルバム「Mad Love」の邦題は「激愛 ...

そうか、この曲はよく聴いた記憶があるのですが、トップ40には入ってこなかったのか。それじゃあ、日本でラジオでよくかかっていたのかなあ。リンダの元気で迫力のある声が聴けるのが魅力の曲でした。◆アルバム「Living In The U.S.A」はローラースケートファッションの元 ...

1984年の全米年間アルバムチャートの第13位がリンダの"What's New"。(年間チャートそのほかの曲は「ビルボードチャート日記 by 星船」さんをご参照ください)リンダがジャズのスタンダードナンバー、オールディーズを歌うスタイルにイメージチェンジをしたこのアルバム。シ ...

このブログで取り上げてきたリンダの曲の和訳記事はこちらです。終盤のリンダの熱のこもったシャウトが胸を打つなあ…それにダニー・コーチマーのギターが情感込めて絡んできます…。◆リンダの"Mad Love"、日本では「激愛」と邦題が付けられました。First Singleで「How Do ...

 昨日、かみさんと映画「糸」を観てきました。(当然「密」に注意。検温・手洗い。ソーシャル・ディスタンス) まあ「泣き」たくて行った感じ(^▽^;)です。 ちょっとストーリーはまとまりすぎでしたが…僕にとっては泣ける場面が沢山で、涙を流せる自分を確認できました!? ...

↑このページのトップヘ