洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:Journey

 デビュー初期のジャーニーは、プログレのジャンルのバンドでした。でもスティーヴ・ペリーが加入し、アルバムだと"Lights"やこの曲"Wheel In The Sky"が収録されている"Infinity"から聴きやすいロックサウンドになりました。このアルバムをジャーニーの最高傑作と挙げる人 ...

ジャーニーのライヴではいつも感動的な場面となるこのバラード“The Lights”。ニールのギターがむせびなくような感じ。“Lights”で会場を照らすように…。◆この曲はスティーヴ・ペリーがジャーニー加入前から書き溜めていた一曲です。ジャーニーは1973年にサンフランシス ...

ニール・ショーン曰く、2021年にはジャーニーの新譜がリリースされる(13曲入り)とのこと。"エスケイプのような多様性を持ったアルバム"らしい…です!ジャーニーの新譜楽しみですね!!(Barks.jp)僕と同世代の皆様…アルバム「エスケイプ」と「フロンティア―ズ」。「C-90 ...

(Live in Tokyo 1983 日本武道館)このブログで取り上げてきたジャーニーの楽曲の和訳記事はこちらです。スティーヴ・ペリーの声とこの曲はピッタリに思います。「Faithfully」…心から誠実に…。邦題は「時への誓い」と付けられています。◆歌詞ですが、最初は「Circus li ...

このブログでこれまで取り上げてきたジャーニーの和訳記事はこちらです。  僕の好きな曲"Who's Crying Now"。単純な恋の歌とは違う、人生と愛について歌っているような気がしたので、じっくり訳しました。◆この曲を書いたときのエピソードが、この曲のSongfactsに書いてあ ...

  2013年の3月11日、ジャーニー日本武道館のアンコールが、この“Be Good To Yourself”でした。「自分にやさしく」「自分を大切に」っていうメッセージをガッツの感じるヴォーカルで吹っ飛ばしてくれるのが好きです。「頑張り過ぎ」のひとに捧げたい曲かな。ジャーニー ...

  ジャーニーのボーカリストであったスティーヴ・ペリーがソロアルバム「Street Talk」を発表。ジャーニーも大ヒットアルバム「Frontiers」のあとだったから、その人気も重なってソロもヒットしました。アルバムからの第一弾シングル「オー・シェリー」。この曲好きだった ...

 ジャーニーのこの曲はアルバム"Frontiers"で"Separate Ways(Worlds Apart)""Faithfully"に続く第3弾シングル。スローなバラードでいえば"Faithfully"ですが、覚えやすいメロディでシングルになる前からアルバムのなかでは気に入った曲でした。◆タイトルが"After The Fal ...

↑このページのトップヘ