洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:JamesTaylor

アルバム「Sweet Baby James」の3rdシングル。シングル曲としてのチャートのランキングでは全米37位(1971年)と振るいませんでしたが、ジェスムス自身にとっても、また、ジェイムスを理解するうえでファンにとっても大切な曲だと思います。【全米Billboard シングルチャー ...

新しい曲をやるよ…とジェイムス。ジェイムスのアルバム“Mud Slide Slim and the Blue Horizon“からのこの曲。米ビルボードHot100チャートでは最高位31位となっています。スタジオ盤のバックがなんとまあ豪華なこと!James Taylor – lead and backing vocals, acoustic g ...

うぉー、4月にジェイムス・テイラー来日が決まりました! 昨日、さっそくチケットをゲットしました!(^_^) 楽しみ!(コンサート代かかる分、ふだん質素な生活を心がけます…)こちら 来日公演サイト(UDO音楽事務所) ◆前回の来日は1995年、会場は今はもうない中野サン ...

LP“ダディーズ・スマイル”(Dad Loves His Work)のラスト曲。アカペラで歌うこの曲“That Lonesome Road”…これがなかなかいいんです。この曲はブルース・ブラザースで人気を博したジョン・ベルーシの葬儀にて、ジェイムスは演奏したそうです。ビル・マーレイの著書「Liv ...

なかなか素敵な曲。"Livingston Taylor"とお兄さんの"James Taylor"とのデュエット曲なんです。◆"Taylor"ファミリーの兄弟関係を改めて調べてみると、全員が音楽一家!なんですね。お父さん(アイザック)、お母さん(トゥルーディ)もミュージシャン。ジェイムスは次男、 ...

この曲の収録された"Before This World"はジェイムスの17枚目のアルバム。2015年に13年振りのオリジナルアルバムとしてリリースされました。すると…ジェイムス、全米アルバムチャート200のトップに立ちました!デビューから45年以上、ジェイムスにとっては初のNo1です。「 ...

ジェイムス・テイラーの歌う「アメリカン・スタンダード」。僕が仕事に行く時に立ち寄るカフェのBGMでたまに流してくれます。 ジェイムスの優しくてほんわかした声がぴったりの曲です。バックで弾かれるフィドルの音色と彼の歌が絡み合って、後半の口笛も…なかなか素敵です ...

 この曲との出会いはジェイムス・テイラーのグレイテスト・ヒッツのアルバムです。真っ白なジャケットに「James Taylor」と曲目が黒い字で掲載されたシンプルなアートワーク。この曲はその1曲めに収録されていました。◆タイトル「Something In The Way She Moves」...こ ...

 “きみの笑顔(Your Smiling Face)“…この曲はほんとに中学生でもわかりやすく親しみやすい曲、でした。 ただし実は僕はこの曲の収録されたアルバム「JT」はレンタルレコードで借りてカセットで録って聞いたクチでして…<m(__)m>…「君の微笑」は映画のサウンドトラック ...

この曲が全米チャートでは17位止まりなんておかしいだろ!(-_-メ)そう憤った諸氏は大勢いらっしゃったのではないかと思います。だって「サイモン&ガーファンクル」+「ジェイムス・テイラー」の大物の組み合わせで、しかもで、素晴らしい歌声コーラスを聴かせてくれる名曲じ ...

↑このページのトップヘ