洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:JacksonBrowne

 ジャクソンの2023年のジャパン・ツアー。大阪、広島、名古屋、東京3回と計6回の日本公演を行ってくれました。ジャクソン自身はパンデミックのなか新型コロナウイルスにも感染し、自分の健康や身体も不安だった時期を過ごしてきた中ですが、アルバム「Downhill From Every ...

 ジャクソンの今回の来日公演で、この曲“Never Stop”は前半のセットリストに入っていて歌ってくれるようです。 この曲の収録されたアルバム「The Naked Ride Home」は発売とほぼ同時に購入して何回かは聴きました。収録曲は当時のジャクソンのバンドメンバーとの共作。 ...

2014年発表のアルバム「Standing In The Breach」から。Stand in the breachとは...“攻撃の矢面に立つ“,“難局に当たる“という意味であること。世界は「コロナ以前」と「コロナ以降」で大きく様変わりしましたが、この頃も思わず口を挟まずにはいられない情勢が沢山あり ...

この曲、そしてこのアルバムは僕にとっても想い出深い、また、とても大切な曲(たち)だなあ。(多くの皆さんにとってもきっとそうでしょう)“Running On Empty”...誰もが自分の人生を重ねて聴くんじゃないかな。◆完全なライブアルバム...じゃないけれど、スタジオでは ...

 最初にアルバム「Downhill From Everywhere」を通して聴いた際には、ゆったり、若干メキシカンな雰囲気なこの曲を気に入りました。タイトルも“The Dreamer”だし...!でも歌われているのはハードでとっても社会的な内容でびっくりしました(^_^;)。1st Verseで未来を夢見て ...

来日中のジャクソン・ブラウンですが、今回、広島公演ではやはりこの曲を歌ってくれたようですね。 「The Crow On The Cradle」は1979年にニューヨークのマジソン・スクウェア・ガーデンで行われた「No Nukes (原子力発電所建設反対運動/反核運動)」コンサートにて、ジ ...

 やっぱりジャクソンの歌でタイトルに“SKY”なんて言葉が入ってて、語るように歌うこんな感じの曲はいいですよね〜!(やっぱり“Late For The Sky”を思い出すからかなあ...)◆アルバム“I'm Alive”は、その前のアルバムが、社会性のメッセージ色が強かった「World In ...

この曲はイントロのギターの音色から好きだな...。弾いているのは...デヴィッド・リンドレーですね。◆アルバム「Hold Out」のB面に収録されたこの曲“Call It a Loan”。この曲の作者クレジットはジャクソンとデヴィッド・リンドレーの共作となっています。 だからなのか ...

ジャクソンの全米チャートに入ってきたシングルヒットはさほど多くありません。ただ、アルバム「プリテンダー」からシングルカットされたこの曲は1977年に最高位23位を記録しています。◆この曲がチャートで最高位を記録した週の全米ビルボードチャートを見てみましょう。US ...

↑このページのトップヘ