洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:Hall&Oates

この曲はアルバム「Voices」から4番目のシングル。全米5位まで上昇しました。この曲はHall&Oatesのライヴ・セットリストでは定番。アンコールに演ってくれることが多いようです。それだけ彼らにとって気に入った曲なんでしょう。◆2009年のEntertainment Weeklyにダリルはこ ...

この曲はよく覚えています。アルバム「赤い断層(Along The Red Ledge)」のなかで、すぐに気に入った1曲でした。1stシングルの"It's A Laugh"が名曲であったにも関わらず最高位 全米20位までしかあがらなかったので、次のこの曲に期待しました。でも…最高位42位と、トッ ...

 この曲のリード・ボーカルは、ジョン・オーツが取ります。Hall & Oatesの来日公演でもジョンのコーナー?の1曲として演られます。作者もジョン自身となっています。◆ん?このタイトル、どういう意味かな?と僕も思っていたのですが、ホール&オーツのベスト盤CD(エッセ ...

*勝手ながら突然企画、私の選んだ“John Oates Song”ベスト5です!第5位 "Camellia"  From the Album「Daryl Hall & John Oates」銀色に光る、お化粧した2人がジャケットになってる4枚目のアルバム「Daryl Hall & John Oates」のトップを飾る楽しい曲。店にポツンと取り ...

  ホール&オーツをしっかり聴き込んでいらっしゃらない方は、“オーツの方は何をしているの?”と疑問をお持ちの方もいるでしょう(ほんと?)。ホール&オーツのJohn Oates(以下、ジョンとします)がリードボーカルを取る曲もアルバムのなかにはだいたいありますが、シン ...

このブログでこれまで取り上げてきたホール&オーツの楽曲の和訳記事はこちらです。 "Wait For Me"はホール&オーツの人気大爆発!のちょっと前のヒットですが、日本でよくラジオなどでエアプレイかかっていたような気がします。 イントロのギターからしてカッコいいですよ ...

アルバム「Home For Christmas」に収録された、彼らのオリジナルのクリスマスソングがこの曲。ホール&オーツの魅力がいっぱい詰まったナンバーです。◆この曲で歌っている“Home”。「家族」を連想しますし、「心の安らぐ場所」でもありますよね。クリスマス・イヴ、そして ...

めいっぱい!楽しいクリスマスソングです。クリスマスのスタンダード、"ジングルベル・ロック"もホール&オーツのクリスマス・アルバム「Home For Chrsitmas」に収録されています。ダリルとジョン、バンドメンバーとマネージャーが繰り広げる、わざとらしい小芝居のPVは何度 ...

↑このページのトップヘ