洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:GilbertO'Sullivan

ギルバートの新譜“Driven”がようやく完成!先週僕の手元にも届きました。今年に入って、ジョン・メレンキャンプ、ブライアン・アダムスの新譜は国内発売なし、ということで海外盤しか手に入らなくなってしまいましたが、ここ日本ではまだギルバートのファンが根強いのかな ...

 ああ 2022年のギルバート来日公演ももう最後、この曲を歌ってる頃でしょうか…!ギルバートの喉の調子はどうかだったかな…。最後にこの曲とそれに続く“Get Down”、みんなで締めくくってほしいですね…! ありがとう、ギルバート。「Matrimony」はギルバートのライヴでも ...

 2018年リリースのギルバートのアルバム“Gilbert  O'Sullivan”のオープニング・トラック。“At the end of the day”って、直訳は「1日の終わりに」という意味ですが、イディオムとして“最後には”“結局のところ”という意味があります。 一日一日を大切に 家族と ...

 "ウー・ワッカ・ドゥ・ワッカ・ディ"は大ヒットの"Alone Again"(1972年2月)と日本でも大ヒットした"Clair"(1972年10月)の間に出されたシングル曲です。(1972年5月リリース)◆明るく弾んだ感じのポップスで、楽しい気持ちにさせてくれる曲です。冒頭の動画でもピア ...

2022年 の来日公演“Just Gilbert”のセットリストで演ってくれました。僕も聴くのは久しぶりです。曲紹介でギルバートは、今だから歌いたい歌なんだ…というような説明をしてくれたように記憶しています。第一部のまだ緊張している会場がこの曲から手拍子が…。ギルバートと ...

この曲"We Will "は、僕が初めて買ったギルバートのアルバム。みどり色の縁取りのギルバートの顔のアップのグレイテスト・ヒッツに収録されていました。この曲のWikipediaによると、1971年7月にシングルとして発表。ギルバートにとって2曲目の全英トップ20ヒットとなり、9月4 ...

ギルバートの"Friend"ソングです。◆この曲"A Friend Of Mine"はここ数回の来日公演のセットリストに入っていて、ギルバートは楽しい歌声と演奏を聴かせてくれています。彼に言わせると"ラテンっぽいところが気に入っている"んだそうです。僕は"オオーオー"と途中で入るコー ...

コロナ感染予防のため、延期、そのまた延期、3回めの正直で…本当に会えるまでは信じてなかったけど…はい、本当にまたギルバートに会えました!(感動)コロナで音楽活動が十分にできないなかで、引退を表明したアーティストや活動を停止したグループもあったと思います。 ...

↑このページのトップヘ