洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:GilbertO'Sullivan

「緊急事態宣言」もここ東京では5月末まで延長、となりました。ですから...はい、やっぱり、今月末に予定されていたギルバートの来日公演「Just Gilbert」は...「延期」となりました(-_-;)。Just Gilbert 来日公演サイトギルバートから公演延期のお知らせ&日本のファンのた ...

【これまで取り上げてきたギルバートの和訳記事はこちらです】"フーディニー・セッド"~フーディニーは言ったよ...彼の1st"ギルバートオサリヴァンの肖像(Himself)"に収録されている。"5分24秒"という彼の曲のなかでは長めの曲で歌詞も難解、曲の展開も複雑な曲です。◆この ...

ギルバートが5月に来日!それもサポート・ギターと2人だけの弾き語り。「聴かせる」ステージ!題して"Just Gilbert"。すでに昨年12月にニュースがリリースされていたんですね!気付きませんでした(^▽^;)。慌てて(゚Д゚)ノ 早速チケットを取りました!ただ今回はこじんまりと ...

 僕のなかでは「クリスマスシーズンじゃないのに聴いたクリスマスソング」。人生のなかで聴いた回数は一番多い曲かもしれません。・・・というのは、ギルバート・オサリバンのレコードで初めて買ったのが、このみどりの縁取りのあるギルバートのベストアルバム。このレコー ...

 【追悼】ジョン・レノン・・・。  70年代後半、ギルバートはゴードン・ミルズと仲たがいしてレコーディングから遠ざかりました。80年代のギルバートの創作活動はなかなか進まなかったのか、80年代半ばまで数枚のアルバムしか発表していません。 この曲“Lost A Friend ...

この曲にはギルバートの青春時代からの人生観が現れているなあ。ギルバートによるとこの曲は「学校への失望」を歌った歌で、小学校?時代のコワイ先生も出てきます。悪いことするとムチで叩く(いつでも叩けるぞと脅す)って先生がいたんですね。Official Web Siteのなかでの ...

ギルバートのアルバム“I'm A Writer Not A Fighter”(僕は歌の書き手であって、闘士じゃない)は「一本のペンがあれば」という邦題がついていました。このセンス、なかなかいいなあと思います!アルバムのスリーヴにはこのように書かれていました。“よろこびの心にはぬ ...

「アローン・アゲイン」のギルバートが生きていた!…変な書き方をしてしまいました(ゴメンナサイ)が、ギルバートが1980年の「プライベート・タイム(Off Centre)」以来、しばらくアルバムを出していなかったので、色々なことで忙しかった僕はすっかり彼のことを忘れて ...

↑このページのトップヘ