洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:GilbertO'Sullivan

 長男が生まれたとき、好奇心を持った子どもに育てたいなと思って、福音館書店さんの「たくさんのふしぎ」を定期購読していたことを思い出しました。 たくさんのふしぎ(福音館書店)でも長男は「コロコロコミック」の方を愛読して笑、見向きもせず…親がたまに読んでたく ...

いつまでもこうしていたい…って瞬間でも必ず終わってしまうけどギルバートの歌と姿(そしてビルのギターとコーラス)は忘れません!大好きな曲を作った本人と一緒に、その場で一緒に聴いて歌える瞬間これが僕がアーティストのライブに駈け付ける理由だなあ。ギルバート(そ ...

ギルバートのコンサートでも本人よりMCで話されてましたが、この曲は“デュエット曲”で、バックで一緒に歌っているのはシンプリー・レッドのミック・ハックネル。でも僕は結構好きなヴォーカリストですので嬉しかった。(参考)このブログでのシンプリー・レッドの和訳記 ...

この曲は僕が最初に買ったギルバートの「グレーテスト・ヒッツ」(緑のジャケットのやつね)に収録されていて好きになりました。(Side1の6曲め) 邦題は原題より“オー・ホワイ”が一つ少ないのです。ギルバートのコンサートでは毎回欠かさず歌ってくれてると思いますが ...

Glastonbury 2023 Gilbert O'Sullivan "The Same the Whole World Over" Acoustic Stage(こちらをクリック)“世界中どこだって同じこと 僕たちは一つずつ年を取る”ギルバートとビルと1年ぶりに再会しました…!(Gilbert O'Sullivan)Released in 2018From the Album “ ...

この曲は予想してなかったけどゆったりしたアレンジでビルと2人で歌ってくれました。1987年のドイツでのアルバム“Frobisher drive”(もとはギルバートと家族が住んでたスウィンドンの地名とのこと)に収録されていた曲ですが、日本で“In The Key Of G”がリリースされる ...

アップテンポの楽しい曲で、ギルバートのレパートリーだと・I Don't Love But I Think Like You・Hold On What You Got・Thunder and Lightning・You Got Me Goingなんかに近い感じです。◆でも歌詞はちょっと難しい(^_^;)。ひと通り和訳しましたが意味が???な場所も数 ...

この曲は嬉しかったな。デビューしたてのギルバートも初々しくてよかったけど、76歳のギルバートも渋くて…だけど…やっぱり若かったな…。改めてこの曲聴くと、間奏のスキャットがかなり長かったんだな。でもこれ、佐野元春さんの曲なんかも影響もたらしたんだfろうなあな ...

この曲"We Will "は、僕が初めて買ったギルバートのアルバム。みどり色の縁取りのギルバートの顔のアップのグレイテスト・ヒッツに収録されていました。この曲のWikipediaによると、1971年7月にシングルとして発表。ギルバートにとって2曲目の全英トップ20ヒットとなり、9月4 ...

↑このページのトップヘ