洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:GeorgeMichael

毎年この時期になると街を歩いていても耳にするこの曲。2年前のクリスマスを想い出す…ジョージ、淋しいよ。 ジョージ、安らかにお眠りください。(;_;)Songwriters MICHAEL, GEORGELyrics c Warner/Chappell Music, Inc.Released in 1984UK Single Chart#2From The Album“ ...

 楽しく陽気なワム!の曲たち...ジョージは自分が子どもの時から好きだった音楽を自分なりに取り入れて、素敵な作品を生み出してきました。 最初からジョージのソロだったらどうだっただろう?とちょっと考えてみました。うん、でもワム!はやっぱり、アンドリューとのデ ...

 ジョージのソロ・アルバムのタイトルは「Faith」となりましたが、製作中の仮タイトルは「Kissing a fool」だったと言います。最終的に「Faith」と名付けられたアルバムを聴いて、ジョージは「信念を持って」音楽をやっていくんだな...というメッセージを勝手に?受けとっ ...

僕は信念を持っているああ 信念を持たなきゃダメさ信念を持って生きてくんだそれが一番大事なんだよ パイプオルガンの響きからジャカジャカっとギターが鳴ってキター~って感じのイントロと、I gotta have faith-a-faith-a-faithって歌って、ブレイクするかと思いきやすぐに ...

 元気で陽気!明るいワム!が、一転して辛い恋を歌ったバラードを歌い大ヒットしたのがこの曲でした。サックスの音色がなかなかセツナいですよね。 "Careless Whisper"は1985年に3週間の全米1位に、年間チャートでもナンバーワンになりました。日本でも西城秀樹さんが「 ...

"クリスマス"...2016年からは、ワクワクした気持ちとともに、ちょっとしんみりする想いも出てきました。そう、2016年のクリスマス12月25日に、ジョージ・マイケルが天国に行ってしまいました。  今年も街で「Last Christmas」を耳にすることがよくありましたが、とくにファ ...

エルトンがこの曲を歌ったのは1974年。全米チャートでは惜しくも2位止まりだったのですが、名曲はやっぱり名曲です。その18年後の1992年、ジョージ・マイケルとエルトンのデュエットで全米1位となりました!◆ここで取り上げたエルトンのオリジナル・ヴァージョンはバックボ ...

 ジョージが天に召されたのは2016年12月25日のクリスマス。明日で2年になります。今日はワム&ジョージの曲を取り上げ彼を偲んできましたが、この曲で締めくくりです。 ◆この曲"Waiting For That Day"はジョージの2nd アルバム"Listen Without Prejudice Vol.1"からのセ ...

名曲です…。ジョージ・マイケル自身も“この曲は僕の最高傑作”と言っています。 ◆マイケル自伝ではこう言っています。「僕の最高の曲はバラードだ。5年後、10年後の僕はバラード曲によって記憶されているだろう。多くの人は“ケアレス・ウィスパー”を好きだと言うが、僕 ...

この真っ白、モノクロのPV、とても印象的で覚えています…。でも僕の記憶だと、真っ白な雪景色のなかでジョージ・マイケルが歌っている場面を想い出していたのですが、「真っ白な部屋」でしたね(^_^;)。記憶にあったのはシングルのジャケット写真の方かな。そんなPVのせい ...

↑このページのトップヘ