洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:EricCarmen

  この曲はエリックのソロ4thアルバムのタイトル曲。僕の行った1980年の来日公演(中野サンプラザ)でもお披露目してくれました。冒頭の音源はその来日のときのものだけど、この会場は「渋谷公会堂」とのことです。(Tonight You're Mine)◆このときはアルバム発売前で、先 ...

1984年にEric Carmenは再び“Eric Carmen”なる新作アルバムを出しています。◆前作「Tonight You're Mine」のセールスの低迷やレコード会社(アリスタ)との契約問題などのこじれがありましたが、自分の名前を再びつけてアルバムを出す、というくらい本人は自信作だったんだ ...

"ヒットレコードを出したい""みんなに愛されて誰もが知ってる曲を"…。この歌詞を書いたエリックはどんな心境だったのでしょうか?ラズベリーズは"Go All The Way"(1972年 全米5位)、"I Wanna Be With You"(1972年 全米16位)など沢山のヒット曲を出して、"名声はいらな ...

このブログでこれまで取り上げてきたエリック・カルメンの曲の和訳記事はこちらです。 この曲は米国ではシングルになりませんでしたが、オランダ、そして日本でシングル発売となったんですね!エリックの初来日の際の「来日記念盤」として彼の3枚のソロアルバムから選曲され ...

 おおっこのビデオ観たことなかったな。Top Of The POPSのものみたいですが、エリックの指パッチンも間奏のサックスもしっかり出てる! エリック・カルメンの4th Album「Tonight You're Mine」からの第一弾シングル「悲しみToo Much」(It Hurts Too Much)です。◆アルバ ...

これぞ“パワー・ポップ”。イントロのエレキギターから始まり、エリックの“ママ~イェイ!”も響き渡ります。コーラスのハモりは切なく、カモン!の掛け合いも楽しい。ラズベリーズの最初のヒット曲「ゴー・オール・ザ・ウェイ」。全米5位ですが、日本でもヒットしました。 ...

ラズベリーズにはセイシュンPOPの曲がたくさん。ソングライター&シンガーのエリック・カルメンはソロ作も含めて…全部持ってます! ◆僕はエリック・カルメンを先に知って、そのあとラズベリーズの以前の作品へと進みました。このレッツ・プリテンドは日本でもヒットし ...

 ラズベリーズのこの曲「Tonight」。僕はラズベリーズのベスト(ラズベリーズ・ベスト・フューチャリング・エリック・カルメン)で初めて聴きました。 A面が「Go All The Way」~「Tonight」~「Ecstacy」~「I Wanna Be With You」~とパワーポップ全開曲が4曲、そして ...

 エリックの名前を冠した「Eric Carmen」というアルバムは2種類あります。ラズベリーズからソロになった際のデビューアルバム=通称「金エリック」。そしてもう1枚は「Change Of Heart」から4年のブレイクを経て1984年にリリースしたアルバム「Eric Carmen」=「Eric Carme ...

  待ちに待ったエリックのサードアルバム「Change Of Heart」の発売日。当然すぐさまLPをゲットしました。ファースト、セカンドともにジャケットがエリックの顔のアップだったのに、モノトーンで、しゃれて帽子をかぶったおぼっちゃま風エリック、裏面はタバコをくわえてワ ...

↑このページのトップヘ