洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:EltonJohn

“ロックエイジの吟遊詩人。エルトン・ジョンの熱唱”エルトンのデビューアルバム「エルトン・ジョンの肖像(Empty Sky)」の帯にはそんなキャッチフレーズが付いていました。 このアルバムがエルトンの1969年6月リリースのファーストアルバム。(日本では翌年の1970年?) ...

 80年代のエルトンの最大のヒットがこの「アイ・ドント・ワナ・ゴー・オン」です。全米チャートでは最高位2位まであがりました。(エルトンの1位を阻んだのはジョージ・マイケル「Monkey」) エルトンの名曲には挙がる曲ではないものの、エルトンの気合いの入ったボーカル ...

 "魂をゆさぶる感動の絶唱"!~この曲"イエス・イッツ・ミー"(It's Me That You Need)のシングルのキャッチフレーズです。◆僕はこの曲なんで知ったかというと、エルトン初期のベストアルバム(輸入盤)を買ったら入ってました。それで聴いたんだな。そのあと、70年代初期 ...

 クリスマスの楽しいパーティー曲です!エルトン節が大爆発!◆上の動画は同じ映像ですが、上はライヴでの演奏と歌が入っていて、下はレコードの音を重ねて作成されたもののようですね。◆日本ではエルトンの1974年の来日記念盤として発売されました。邦題は「ロックンロ ...

【特集】ジョン・レノン追悼 僕はノックし続けるでも返事がない"おーい、ジョニー こっちに来て また一緒に演らないかい?"(この記事は昨年の再掲載記事です)  この曲はエルトンの長年の相棒のバーニー・トゥピンが作詞をしています。John Lennonの作品達はぜい肉をそぎ ...

    たぶん僕はテレビの再放送だったと思うのですが、子ども(中学生?)だかのときにこの映画を観ています。◆エルトン・ジョンが音楽を担当しているというのを耳にしていたので注目していました。日本では封切りの際に、当時人気のあった「小さな恋のメロディ」の続編 ...

楽しみにしていたエルトンの人生を描いた映画「ロケットマン」観てきました!  (ネタバレない範囲で感想を)◆映画「ボヘミアン・ラプソディ」とは比較しないでほしいし、まったく違う映画、と言っていいでしょう。エルトンの生い立ち・成長・葛藤を描いていますが映画として ...

 映画「ロケット・マン」封切り前の「エルトン・ジョン特集」はこの曲で締めくくりです。 映画は楽しみで仕方ないものの、1点大きな不安があります。 映画は、エルトンの自伝映画とは言うものの、1970年代中盤までのエルトンの人生しか描かれていないだろうという点( ...

今夜きみは愛を感じてる?  ディズニー映画「ライオン・キング」の主題歌がこの「Can You Feel The Love Tonight(愛を感じて)」。なかなかヨカッタです!エルトン・ジョンの楽曲のなかでもスケールが大きくて僕もすぐに気にいってしまいました。 1994年のアカデミー歌曲 ...

↑このページのトップヘ