洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:DanFogelberg

やっぱり今日はダンの曲を聴きたくなります…。この記事は既掲載記事です。*************12月16日は、数年間の闘病生活のあとダン・フォーゲルバーグがこの世を去った日です。クリスマス・イヴを舞台にした素晴らしい曲をありがとう。R.I.P Dan Fogelberg! ◆ ...

2007年の今日(12月16日)、ダンは56歳でその生涯を終えました。来年2024年は、ビリー・ジョエルやロッド・スチュワート、ジェイムス・テイラーなどの来日が予定されていますが年季の入った年上のミュージシャンの来日は、本当に来れるのかな?と心配すると同時に、「会いに ...

ダンのライブは見たことがありません。ダンって…日本に来日したこと…ないんだよね。日本に来ることのないまま…天国に逝ってしまいました。2007年の12月16日に…まだ56歳という若さで。◆そんなダンのライブのエンディング?の動画を見つけました。ああ、僕の想像している ...

2枚組LP「The Innocent Age」のC面でゆったり落ち着いて聴かせてくれる歌。ダンの優しい歌声に絡んでくれる女性ボーカルは、エミルー・ハリス。アルバムのなかでもいいアクセントとなっている素敵な曲です。邦題は“流れ星のバラッド”。ただ、原題は“Only the Heart May kn ...

ダンの2枚組の大作「イノセント・エイジ」。タイトル曲であるこの曲はA面2曲めに位置していました。なんといってもタイトル曲ですから、ダンがこのアルバムについてトータルに意味をもたせようと考えたのであれば、この曲の内容やタイトルの意味を掴みたいと思って聞いてい ...

ダンの「応援ソング」「励ましてくれる歌」。次こそは…次回こそは…転んでも立ち上がり、こりずに何度もチャレンジするヤツ、僕も応援したいな。(いっこうに反省しないのはダメですが)(^_^;)ダンは自分に対して?友人に対して?世の中のそういう人たちに対して?誰に対 ...

本日2022年12月16日は、ダンの15回忌。 ダンは2007年12月16日、数年間の闘病生活の後、前立腺癌によって天国に旅立ちました。まだ56歳という若さ。もう僕も年上になってしまいましたよ。 今日はダンの初めての全米ヒット。1975年にシングルチャート最高位31位となった“Pa ...

言葉にするのは難しい愛がどこで間違ってしまったかなんて誰もわからないそれがいつのことだったかなんて愛に背を向けるのは難しいよだって…二度と返らないかもしれないのだから…  ダン・フォーゲルバーグのアルバム「イノセント・エイジ」。2枚組で表紙の絵はエンボス加 ...

「バンド・リーダーの贈り物」…この曲をダンが書いたのはアルバム「フェニックス」(名曲"Longer"が収録)の頃でした。でも「フェニックス」に入れるのは感傷的すぎるから、という理由で見送られ、1981年の2枚組「イノセント・エイジ」に収録されることになります。◆ダン ...

こちらは2018年に掲載した記事の再掲載です。"イノセント・エイジ"この2枚組アルバムのジャケットは汚しちゃいけないと丁寧に丁寧に扱っていました…・  昔のLPレコード。とりわけ手に取るとずっしりと重い2枚組アルバムが懐かしいですよね、そのなかでも、ダン・フォーゲ ...

↑このページのトップヘ