洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:CaroleKing

うぉー、4月にジェイムス・テイラー来日が決まりました! 昨日、さっそくチケットをゲットしました!(^_^) 楽しみ!(コンサート代かかる分、ふだん質素な生活を心がけます…)こちら 来日公演サイト(UDO音楽事務所) ◆前回の来日は1995年、会場は今はもうない中野サン ...

キャロル・キングという女性アーティストを知るのに…僕は最初に購入したのは「グレイレスト・ヒッツ」(Her Greatest Hits : Songs of Long Ago)、そして名盤「つづれおり(Tapestry)」のアルバムでした。この曲は「グレイテスト・ヒッツ」のB面ラストに収録のナンバーで ...

キャロルのアルバム「喜びは悲しみの後に」(Rhymes and Reasons)のB面1曲目。この曲はまずタイトルに惹かれました。“さよならしたって、私が行ってしまったという意味じゃない”ってどういう意味だろ?サヨナラしたって、あなたのそばにいるわ...って意味なんだろうな。 ...

 この歌は、キャロル・キングの歌う"ハード・ロック・カフェ"という歌。ミーハーな僕は、70年代は原宿の"ペニー・レイン"、80年代は六本木の"Hard Rock Cafe"はあこがれの場所でした!場所を探したり、外から中を覗いたり、よくしたものです。勇気がないので中には入らない ...

アルバム「Tapestry」の締めくくりがこの曲。アルバムではこの前に位置するタイトル曲“Tapestry”で締めくくるのではなく、“Natural Woman”で締めくくるところもなんだか「技あり」!な感じがします…!この曲"(You Make Me Feel)Natural Woman"はいろんな場面で耳にし ...

いよいよアルバム「Tapestry」も残すところあと2曲となりました。ラス前のこの曲がアルバムタイトルにもなった「Tapestry」です。このアルバムを全曲和訳するにあたって、すでに数年前に和訳記事にしたものから、今回の機会で初めて和訳した曲もあります。そういうなかでこの ...

アルバム「つづれおり」を流して聴くと、明るいこの曲は「おやっ?」と思います。 “こういう曲をアルバムに入れたかったんだろうな”と思いました。アーティストのライヴでも演奏や曲調の一風変わった曲をアクセントに入れますよね。それかな。◆「つづれおり」が全体を ...

 LP「つづれおり」の好きなのはA面、だけど個々の曲だけでいったらB面の方が名曲が多いと思います。この曲も珠玉の一曲。聴けば聴くほど味がわかる曲です。 “Will you still love me tomorrorw?”って愛し合っていても、心のなかでどうしてもそう考えてしまう、つぶや ...

 キャロルのアルバム"つづれおり"を通して聴いたとき…明るいトーンのこの曲が割と記憶に残ります。一緒に歌いたくなる曲ですね。邦題"地の果てまでも"…ってすごいタイトルだなあ。歌詞の"I would go to the ends of the earth"からきてるんだな(^▽^;)。◆この曲の作者 ...

↑このページのトップヘ