洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:BobSeger

ボブ・シーガーにとっての唯一の全米No1ヒットである"Shakedown"!。"Still The Same"も"Aginst The Wind"も"Shame On The Moon"もNo1には届かなかったので、この快挙は嬉しかった!でもこの曲はエディー・マーフィー主演の人気映画「ビバリー・ヒルズ・コッまプ」シリーズ ...

 僕がライブに行きたい行きたいとずっと思ってるアーティストの一人がボブ・シーガー。彼は日本に来日したこともないんですよね。でもボブももうお年ですので来日は…ムリだよなあ..。 そんななか、ブログでお知り合いになった"Someone"さん(後で、僕の大学の先輩だという ...

 この曲はカッコよかったなぁ。アルバム「Against The Wind」は邦題「奔馬の如く」。ジャケットの走る馬達からついたわけですが、「奔馬」(勢いよく走る馬、あばれ馬)なんて言葉は知りませんでした。(三島由紀夫の小説のタイトルであるみたいですね)◆アルバムのタイ ...

アルバム「見知らぬ街(Stranger In Town)」のなかでも聴かせるバラードでこの曲は好きでした。邦題は「世の果ての夢」。じっくり歌詞を味わったことはなかったけど、We've got tonight, who needs tomorrow?Let's make it last, Let's find a way…と曲の後半で「前向き ...

ボブ・シーガーが2017年にリリースしたアルバム"I Knew You When"。アルバム自体もその前の年(2016年)の1月18日に天に召されたイーグルスのグレン・フライに捧げたものとされています。 アルバムジャケットには若かった1966年頃のボブの写真。"I Knew You When"...「あ ...

"夜のいたずら"にハマってたんだ不器用な10代のユウウツを振り払おうと"夜の経験"に入れ込んでいたんだあれは夏だった甘酸っぱい夏の季節だったんだ ボブ・シーガーの"自伝"とも言える曲です。この曲のSongfactsにボブ・シーガーによる次のようなコメントが紹介されていまし ...

イントロから何から何まで大好きな曲。男の歌って感じです。僕の中で来日してほしいアーチストの筆頭。なかでもこの歌は文句なくカッコイイ! ◆久しぶりに賭場へ舞い戻ってきた主人公…相変わらずのギャンブラーのヤツの姿を見た。そういえば以前、賭けに勝つ秘訣を教えて ...

俺はあの頃のロックン・ロールが好きなんだ! ここまで「俺はかつてのロックン・ロールが好きだ」「今の流行の音楽は魂がない!」とカラッと言い切られてしまうと思わず聴いてしまいますね!この曲「Old Time Rock And Roll」には「魂=ソウル」を感じます!◆ボブ・シーガ ...

↑このページのトップヘ