洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:BillyJoel

  アルバム「Turnstiles(ニューヨーク物語)」、ライブ「Songs In The Attick」に収録された、ビリーのピアノ前奏が素敵な名曲です。  歌詞に「夏」や「ハイランド・フォールズ」は一切出てきません。「Highland Falls」はニューヨーク州にあってハドソン川に面した緑の多 ...

このブログでこれまで取り上げてきたビリーの楽曲の和訳記事はこちらです。 アルバム「Piano Man」に収録された“Captain Jack”。ビリーの初のライヴアルバム「Songs In The Attick」にも収録されました。「ジャック"船長"がおまえを笑顔にしてくれるさ」…詳しい歌詞を知 ...

このブログでこれまで取り上げてきた「ニューヨーク52番街」収録曲の和訳記事はこちらです。   アルバム「ニューヨーク52番街」のA面は“Big Shot”“Honesty”“My Life”と名曲が続きます。B面はシングルカットはありませんでしたが、それでも魅力は負けていません。レコ ...

洋楽ファンの皆様には、ご存じのアルバム「イノセント・マン(An Innocent Man)」。ビリーの9枚目のアルバムで1983年にリリース。。このアルバムからは全米No.1ヒット2曲をはじめ、トップ40のヒットでいうと、6枚もシングルカットされてヒットしています。・Tell Her Anout I ...

みなさんもよく聴いたであろう「52nd Street」のA面のラスト曲…"ザンジバル`です。A面は"Big Shot"~"Honesty"~"My Life"、そして"Zanzibar"ですよね。この順、前の曲が終わると次の曲のイントロが自然と浮かんできます。そんな聴き込んだ人がおそらく世界中にいるだろうな。 ...

"卒業おめでとう"2021年一つ階段を上がり、一つ先のステージに進んでいくみなさん。自分の道を自分の足で進んでいってください。歩いてもいい、周りの景色も楽しみながら行きましょう。新しい出会いもきっと待ってますよ!↓↓↓↓↓今週の「夜の部」は"卒業"にちなんだ曲を ...

このブログでこれまで取り上げてきたビリーの楽曲の和訳記事はこちらです。 洋楽アーティストで出世作のあと、期待された次のアルバムでコケて「一発屋」の称号をいただいてしまうアーティストが沢山います。ビリーの"ストレンジャー"に続くアルバムは世界が待っていました ...

人生は"ハロー"と"グッドバイ"の連続なんだ 名プロデューサーであるフィル・スペクターさんが81歳でこの世を去りました。(Rolling Stone)本日は既掲載記事となりますが、フィルの"ウォール・オブ・サウンド"を取り入れた曲を聴いて、彼の魂を弔いたいと思います…R.I.P… ...

 “Everybody has a dream”...ちょっとベタなタイトルの曲ですが、この曲がアルバム「ストレンジャー」の締めくくり曲です。この曲終了後に、再度、ストレンジャーのメロディと口笛が流れ、フェードアウトとなります。アルバム「The Stranger」がコンセプトアルバムとする ...

↑このページのトップヘ