洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:BeeGees

このブログでこれまで取り上げてきたビージーズの楽曲の和訳記事はこちらです。 ビー・ジーズの曲のなかでもこの曲と“偽りの愛(Love So Right)”は聴くと何か胸が締め付けられるような想いがします。そんなに自分の経験とオーバーラップしているわけじゃないのになんでな ...

  ビージーズの初めての全米No1ヒットがこの曲「傷心の日々」。リアルタイムでは聴いていませんでしたが、ラジオ「全米トップ40」のスペシャルでよくかけてくれたので、寒かった2階の北側の僕の部屋の中で聴いた記憶があります(^▽^;)。◆あらためて歌ってる動画を見ると、 ...

ビー・ジーズとアンディ、4人兄弟の共演の場面が出てきましたね…。このブログでこれまで取り上げてきたビー・ジーズの和訳記事はこちらです。「小さな恋のメロディ」(メロディ・フェア)のビー・ジーズと「You Should Be Dancing」のビー・ジーズが同じグループだとは思い ...

 映画「小さな恋のメロディ(Melody)」は1971年に大ヒットしましたね!ビージーズの歌う「メロディ・フェア」はその主題歌で日本でも大ヒット。オリコンでも3位になりました。この曲を聴くと…あの甘酸っぱいセイシュンの映画のシーンが甦ってくる人も多いのでは...?◆こ ...

  売れに売れた“Saturday Night Fever”の後ですので、次のアルバム作成とリリースはビー・ジーズのプレッシャーも相当なものだったんじゃないかと思いました。(レコーディングには10カ月要したといいます)でもこの“Too Much Heaven(失われた愛の世界)”を聴いたとき ...

 ビージーズの歌を初めて聴いたのは「小さな恋のメロディ」の「メロディ・フェア」だったでしょうか。でもそのあとリアルタイムのヒットを聴いたのは"ブロードウェイの夜"、"ユー・シュッド・ビー・ダンシング"(アルバム"Children Of The World"の頃)だったので、その落差 ...

"ステイン・アライヴ"...まさに70年代後半のディスコブームの代表曲!ですよね。なんたって、スヌーピーとPeanutsの仲間までこの曲に合わせて踊っちゃってますよ!(^^)/(これホント、歌とアニメが合ってますよね) ◆でも"ステイン・アライヴ"が単なるディスコ曲かというと ...

   この曲の3分30秒くらいのところで、爆発音が鳴ります。当時、どうやって爆発音を出してるのか不思議に思ってました。なるほど!こうやってたんですね!  Saturday Night Feverからのビージーズ旋風、この曲で5曲連続No1!(次の“Love You Inside Out”も1位になり結 ...

 ビージーズのギブ兄弟のハーモニーが素敵な名曲「How Deep Is Your Love」(邦題:愛はきらめきの中に」です。1977年のクリスマスイブに1位となり、年越しで1978年の1月まで3週間のNo1ヒットとなりました。◆言うまでもなく大ヒットした映画「サタデ―・ナイト・フィーバ ...

僕のことをわかってくれるのはこの世にきみしかいないまたきみの勝ちでいいよそんな愛はいらない人達もいるでももし誰かが挑戦するっていうのならそれは僕たち二人だよ僕は 僕は……きみを追いかけていくよ ビージーズの人気は、大ヒットした「サタデー・ナイト・フィーヴァ ...

↑このページのトップヘ