洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:Beatles

アルバム「ビートルズ・フォー・セール」のなかでも、なぜか気になる曲。それがこの"I'll Follow The Sun"。とてもきれいな曲で、ジョンが歌うと、ポールが"でも明日は…"と受け継ぎ締める。ジョンはすごく丁寧に歌っている一方、ポールのボーカルがワイルドな感じなのもな ...

ジョンのプレイボーイ誌によるインタビュー(1981)にて。"完全にポールの曲で、僕の好きなビートルズソングのひとつ"ポール曲については皮肉もコメントしたりするジョンが素直にこのように言ってます。歌詞、歌い方、コーラスアレンジ…すべてがよくできた美しい名曲ですよ ...

 はい、これが「With the Beatles」ラストの曲!デビュー・アルバム「Please Please Me」のラストも、ジョンがリードボーカルを取るロックン・ロールのカバー曲“Twist and Shout”でしたので、こちらも二匹目のドジョウを狙って(←嫌な表現だな)カバー曲を持ってきたん ...

"コ~ジョラ~(Close your eyes...)"とイントロなしでいきなり始まるこの歌"All My Loving"。学生のときにこの曲はバンド演奏したことがあります。 ◆ジャカジャ・ジャカジャ...と三連符でリズム・ギターを刻み、途中でブレイク、感想のギターソロ、ようやく弾けるように ...

 「ベートーベンをぶっ飛ばせ!」という邦題は、小学校くらいから耳にしていたかと思います。なんで“ぶっ飛ばす”のか、理由などはよくわからなかったですけど(^_^;)。 やっぱりチャック・ベリーではなく、ビートルズの曲として知ったような気がします。  数々のオリジ ...

はい、夜の部は「ビートルズ」バージョンの“Please Mr.Postman”ですね!僕は最初に聴いたのはカーペンターズバージョンでしたので、ビートルズのこちらは、後から聴いたとき、ちょっと違和感、ありましたね〜。最初が「掛け合い」。なんか男ばかりの「体育会っぽい」!っ ...

 アルバム「With the Beatles」のカバー曲6曲のなかでも、ビートルズの歌うモータウンソングとして、この「ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー」(You've Really Got A Hold On Me)はなかなか秀逸の出来だと思います! リード・シンガーは、ジョンとジョージ ...

“ドント・バザー・ミー”はジョージが初めて単独で書いた曲! ウィキペディアによると、ジョージは、「1963年の夏に泊まっていたイングランドのポーンマスのホテルで書いた。僕は病気で寝込んでいた…だから『放っといてくれ』というタイトルにしたのかも」と語っています ...

↑このページのトップヘ