洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:Beatles

「抱きしめたい」の全米シングルチャート7週間1位を阻止した曲は何でしょう...はい、それはビートルズの「シー・ラヴズ・ユー」なんですね! そして「シー・ラヴズ・ユー」は全米チャートで1位を2週間君臨しますが、ビートルズにしては短い記録...「シー・ラヴズ・ユー」 ...

 この曲“I'll Get You”はシングル“She  Loves You”のB面曲で、オリジナル・アルバムに収録はなし。僕は“Thank You Girl”と同様に「Past Master's Vol.1」(黒い方ね)で初めて聴きました。でも、米国では「The Second  Album」収録だったんですね。 ◆“Oh yeah! ...

 この曲は僕は初めて聴いたのは、黒いジャケットのベストアルバム“Past Masters、Vol.1”だったな。 “アウ、アウ…”って真似して歌ったりしてました。 “サンキュー・ガール”は、イギリスではシングル“From Me To You”のB面曲でしたが、米国では“Do You Want to Kn ...

◆"Love Me Do"、"Please Please Me"に続く第三弾シングル。でも"From Me To You"は全米ではヒットにならなかったんですね(ビートルズのディスコグラフィーでも116位という記録になっています)。イギリスではもちろん1位になりました。ウィキペディア情報によると、この ...

アルバム「Please Please Me」のラストがこの曲。みんなで踊って歌って、騒いで…! ライブの最後の最後にこの曲を演奏してくれるアーティストもいますよね!◆なかでもジョンの叫ぶようなボーカルと、“Twist and Shout”のメンバーのコーラスはいいですよね!思わず一緒 ...

ピーエス、アイラビュー〜、ユウ、ユウ、ユ〜 ♪  よく歌に合わせて歌いました。 この曲について、誰が書いたか…ということですが、これもウィキペディアには…レノン=マッカートニー名義となっているが、ポール・マッカートニーによって書かれた楽曲。とあります。僕の ...

アルバム「Please Please Me」のA面4曲めは“Chains”。このコーラスがいいね!この曲は彼らのオリジナルではなくカバーソング。ソングライターは「ジェリー・ゴ−フィン&キャロル・キング」です。(本人たちが歌う動画が下にあり。なかなか楽しそうです)◆この曲を最初に ...

   ジョンとポールがハイ・スクールの授業をサボって書いたと言われる「ラヴ・ミー・ドゥ」。ビートルズのデビューシングルです。 正直僕は次のシングルの「プリーズ・プリーズ・ミー」や「シー・ラヴズ・ユー」「抱きしめたい」のような、テンポが早く疾走感のあるナ ...

      ん〜、この曲はこのアルバムでそんなに好きじゃない曲(コラっ!)。 通しでアルバムを聴いてるときはそのままにして、トイレに行ったり(なんと!)、用事を片付けたりして次の“There's a Place”に備えます。(音楽に合わせて一緒に歌うため)◆でもポールの ...

 ジョンの歌う“アンナ”。 アルバム“Please Please Me”のA面では当初、この曲よく聴いたなあ。彼女に「おまえはもう自由さ、アイツと一緒に行けよ!」とぶっきらぼうに言い放つ男。コーラスが気だるい感じを出してるんですが、中盤ではジョンの声がいいんですよねえ。心 ...

↑このページのトップヘ