洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:BeachBoys

 いきなり季節が夏!ですみません。浜で寝ころんで、全米各地の女の子のことをそれぞれの良さを思い浮かべながら…みんなカリフォルニアの女のコになってくれたらいいのになあ…とそんな妄想(^▽^;)。(この曲のイントロの最初の部分が、夢うつつ…の感じを出してるって思い ...

 ビーチ・ボーイズのこの曲、前々からなかなか好きでした。もう最初からブライアン・ウィルソンのファルセットがセイシュンです。セツナいメロディが響きます。目をつむると海辺の景色が広がります…。  ...と、なんかやっぱり"海"、"夏"のイメージを持っていたのですが、 ...

きみの頭を僕の肩にのせていいよ…ゆったりと寄り添っている二人の姿…この曲を聴くと、そんな風景が頭に浮かびます…。そういう曲って…やっぱり名曲に思うんですよね。◆アルバム「ペット・サウンズ」のA面4曲めのこの曲"ドント・トーク"。原題は"Don't Talk"のあとに続く ...

この曲「フォーエヴァー」はとてもきれいなバラードで、2分40秒そこそこの短い曲ですが、僕はなかなか気に入っています。1971年のアルバム「サンフラワー」に収録されています。◆リードで歌っているのはデニス・ウィルソン。ビーチ・ボーイズの兄弟の二番目、次男がデニスで ...

今年はコロナウイルス対策で…"ビーチ"とは無縁…な夏になります。でも…だからビーチ・ボーイズを聴きたくなる夏…です。◆この曲はビーチ・ボーイズの1964年のアルバム"All Summer Long"から。日本では山下達郎さんのカバー(アルバムは"Theme From BIGWAVE"ですね)で知っ ...

ああ、海行きたいなあ…。でも、ガマン、自粛の夏です…(-_-;)。上のビデオの都会で暮らす人たちはみんなガマンできずに海に行っちゃってますけど。"カリフォルニア"ってそんなに素敵な場所なのかな。冬でもぽかぽかあったかく、夏は太陽がまぶしいんだろうなあ。ひとが「生 ...

ビーチ・ボーイズの「想い出のスマハマ」のリクエストをいただきました。あったなあ、この曲。リクエストは基本受け付けておりませんが、自分自身の意欲が湧いて、歌詞の物語が浮かんでくれば取り組めます。この曲はとても興味が湧きました。◆この曲は、メンバーのマイク ...

"ロンダ"って米国の女の人の名前なんだな。"ヘルプ・ミー・ロンダ"は文字通り、"ロンダ、助けて~!"。さて何から助けてほしいのでしょうか。◆結婚の一歩手前までいってた彼女に男ができた!僕の心から彼女を追い払うのに助けてよ…!って、ロンダ嬢を口説いてる歌なんです ...

この曲"ゲッチャ・バック"は1980年代に発表された作品のなかで、最も"ビーチ・ボーイズ"っぽい(!)代表曲ですね!◆1985年に発表されたアルバム「The Beach Boys」。彼らは1983年の暮れに、ウィルソン兄弟の2番め、ドラムのデニスを不幸にも失ってしまいました(海で水死。 ...

今年のゴールデン・ウィークに予定されていたブライアン・ウィルソンの来日公演。やはりキャンセルとなりました。それはそうだよね…。(来日公演サイト)この新型コロナウイルス感染症の猛威がふるっているなかで、ブライアンが来日し、しかもかなりの高齢、そしてライブ ...

↑このページのトップヘ