洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:BayCityRollers

この曲は大ヒットしましたね!僕は大っぴらに「BCRが好き」とは言えない男子(-_-;)でしたが、内心気になる、気に入ったナンバーでした。「二人だけのデート」という邦題もザ・青春時代!◆この曲は1963年から1984年にかけて全英チャートを賑わした、ダスティ・スプリングフ ...

【これまで取り上げてきたローラーズの和訳記事はこちらです】 オトナになったローラーズ。この曲が全米Top40に入ってきた頃、ベイ・シティ・ローラーズを心の中で応援していたと思います。アルバム「恋のゲーム(It's A Game)」のタイトル曲は、なんとなくおちゃらけた感 ...

【Bay City Rollersでこれまで取り上げた曲たちはこちらです】昨日の2月11日までで来日公演終わっちゃったなあ、と思っていたら、今日の12日にディナーパーティーが催され(今ごろ、やってるのね)、明日の13日にアコースティック・ライブが開催されるんですね!(これ行き ...

 この曲も中学生のときによく聴きました。BCRのアルバムのいろんなとこに収録されてるなーと思っていたら、レコード会社も東芝EMIからCBSソニーに移るなどの時期だったようで、邦題もバージョン違いもあるようですね。1975年の7月に全英で3週間No1のヒットを記録しています ...

  こちらベイ・シティ・ローラーズにいたイアン・ミッチェルが、自分の名前を冠したイアン・ミッチェル・バンドを作ってリリースしたシングル「青春の誓い」。 当時、テレビでも来日の様子などを見た記憶があり、邦題から『青春に何を誓ったのかなあ...?』と漠然に疑問 ...

レスリー率いるベイ・シティ・ローラーズ、2020年に2月に来日ツアー!4都市8公演で構成され、大阪、名古屋、東京では1日2回公演を開催(福岡公演は1日1公演開催)。1stステージと2ndステージでは、それぞれ違うセットリストを披露!という話です。ん?2018、2019、2020年と毎 ...

ベイ・シティ・ローラーズの日本でのアルバムデビューはこのレコード。「Once Upon A Star(噂のベイ・シティ・ローラーズ)」でした。このアルバム、CDだとわかりにくいですが、LPレコードだと、上の波型の部分は実は5人それぞれのポートレイトがインデックスのように入って ...

ニューヨークのとある雨の日のこと...同じ"Another Rainy Day In New York City"というタイトルの曲でもシカゴとは雰囲気もまるで違いますね。ただし、つけられた邦題の方は、シカゴは「雨の日のニューヨーク」ですが、ローラーズは「雨のニューヨーク」となっています。◆作 ...

 なんと、日本で1975年にヒットした「憧れのベイ・シティ・ローラーズ」(Bay City Rollers we love you」)というこの曲、知っている人も多いでしょう!タータン・ホードというグループの歌うこの曲、BCR人気のなかで大ヒットしました。 このタータン・ホードは、「恋す ...

↑このページのトップヘ