洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:AirSupply

エア・サプライの「ジャパニーズ・シングル・コレクション」が出ました!これも「買い!」です(^o^)。僕はエア・サプライをほとんどアルバムで聴いていたので、国内盤シングルジャケットの思い出はそんなになかったけど、シングル順にあるので見ていくとほんと「爽やかな写 ...

 この曲を聴くと「あの夏」を思い出す。僕はでっかいステレオラジカセを持って、みんなと海に行ったのです。エア・サプライのニュー・アルバム「シーサイド・ラブ(The One That You Love)」をカセットテープに録音して...!これは市販のミュージックテープ!◆そのアルバ ...

エア・サプライのアルバム"Lost In Love"。そこから次々にヒットが飛び出してきました!分厚いコーラスで爽やかな"Lost in Love"が全米3位、感動的なバラード"All Out Of Love"が全米2位、そして3曲めはこの曲…邦題は"ときめきの愛へ"でした。70年代後半からのディスコ曲が ...

<追悼>ジム・スタインマン…。ドラマテッィクで壮大なロック・オペラのような曲、なかなか好きでした。名曲をたくさんありがとうございました。安らかにお眠りください…。 ミートローフ、エア・サプライらの曲を手掛けたジム・スタインマンが73歳で逝去。その功績を辿る( ...

 “Goodbye”という曲は数多くあれど、僕はエア・サプライのこの"グッドバイ"は…なかでももっともセツい別れの曲と感じています。 David Fosterの作品。全米ではヒットはしなかったものの、アジア、とりわけフィリピンとインドネシアではとてもヒットしたようです。言われ ...

このブログでこれまで取り上げてきたエア・サプライの和訳記事はこちらです。 「The Earth Is...」はエア・サプライの11枚めのアルバム。このときエア・サプライは世界的なライブツアーを実施。アジアを中心にまわり日本にも来てくれました。そのときにこのアルバムの表題曲 ...

エア・サプライの「シーサイド・ラヴ」。とても想い出のあるアルバムです。懐かしくて、紙ジャケットCDを買いました。海の上に浮かぶ気球…これは日本だけのアルバムジャケット。このジャケットの後ろには、山の上に浮かぶ気球が…(笑)。海、夏、そしてエア・サプライ!… ...

 空耳アワー作品「ネボケルナ、ネボケルナ(寝ぼけるな!)」でも有名なエア・サプライの「あなたのいない朝」です。テレビドラマの主題歌にこの曲を抜擢したのはプロデューサーさんかな。アルバムのなかの1曲が日本だけでシングルの発売、日本だけでのヒットとなりました。 ...

 やっぱり、この曲がエア・サプライのなかで僕の一番好きな曲です。 グラハム・ラッセルとラッセル・ヒッチコックのそれぞれ担当するパートが彼らの声質もぴったり、この2人がいるエア・サプライらしさが出てると思います。そして"I'm All Out Of Love"という言葉、悲しい ...

 はい、邦題「シーサイド・ラヴ」です。1位を取ることがない"Top5ヒット・アーチスト"かと思われていたエア・サプライの初No1シングルです。 歌詞のどこにも「海」やら「波」「夏」は出てこないし、原題「The One That You Love」直訳すると「きみの愛する一人の男」ですが ...

↑このページのトップヘ