洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:Aerosmith

この曲「ピンク」。エアロの1997年リリースのアルバム「ナイン・ライブズ」からのから3枚目のシングルとしてリリースされ、全米27位を記録しました。1枚目、2枚目よりも…ヒットしたんですね。(1997)"Falling in Love (Is Hard on the Knees)"#35"Hole in My Soul" #51は ...

何度もこのブログに書いてますが、エアロスミス初来日(1977年の日本武道館)を中学生のとき仲間3人と見に行ったのが僕の洋楽ライブの初参戦。なのでとっても思い出のあるバンドなんです。でもアルバム“Draw The Line”以降は、エアロ自身がクスリの常習でダメになってい ...

(画像はUNICERSAL MUSIC JAPANさんサイトよりいただきました)昨日、このブログでスティーヴンのソロの和訳記事とエアロ鯛焼きのことを書きましたが、お仕事が早く終わったので、すぐに鯛焼きを食べたくなってしまいました…(^_^;)。それゆえに…僕の家の最寄り駅の鯛焼き屋 ...

アルバム“Get The Grip”はボリュームあったなあ。沢山のカッコいい曲が収録されていたけど、ラストのこの曲“Amazing”はホントしびれました。これまでのエアロのバンドの歴史を踏まえ、いま思うこと…が綴られ、歌われているんだ、と思いました。途中の歌詞で“Parmanen ...

 僕はエアロスミスが好きでしたので、最初にこの曲を聴いたとき、正直「認められません」でした。でも、エアロはこのとき勢いをすでに失くし(1985年のアルバム「Done With Mirrors」の失敗もあり)バンドはドラッグ漬けで、すっかり落ち目になっていましたので、Aerosimit ...

 エアロスミスの曲の記事に度々書いていますが、初めて行ったロックバンドのライヴが“エアロスミス”! 僕と、のんくらとなおやっちの3人でわくわくしながら行った日本武道館。 1階のS席でした。興奮さめやらぬまま、学級新聞に「エアロ来日!行ってきました」という記事 ...

 みなさま、矢口清治さんのポッドキャスト「AT40 圏外トーク」を聴いてますか?(こちらからも聴けると思います) 今年の8月に刊行された「洋楽ロック史を彩るライヴ伝説」(ウド−音楽事務所の奇跡を辿る)」の紹介を、4回に渡ってお話されておりました。編集を担当された ...

このブログでこれまで取り上げてきたエアロスミスの楽曲の和訳記事はこちらです。エアロといえば70年代のアルバム「Toys In The Attick」や「Rocks」でしょう!僕もやっぱりそう思います。アルバム「パーマネント・ヴァケーション」は外部ソングライターを起用し、「作られ ...

↑このページのトップヘ