洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:1980年のヒット

1972年の「Taxi」の物語から8年。ハリー・チェイピンはその「続編」(Sequel)を書き、リリースしました。実は僕が聴いたのはこの「続編」が最初です。ラジオ番組「全米トップ40」でハリーの「Sequel」が紹介されるときに、ハリー・チェイピンというシンガー・ソングライター ...

 この曲はなぜかオーストラリアでは大ヒットしたらしく、End Of The Road Tourではオーストラリアの公演ではセットリストに入ってるんですよね〜! お〜い!日本でも聴きたがっているファンは沢山いるぞ〜! ビデオクリップを見ないで「このすごいPOPな曲は誰の曲?」って ...

 イントロのギターリフから全開です!この曲「Crazy Train」はオジー・オズボーンのソロアルバム"Blizzard of Ozz"(ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説)に収録された曲です。 アルバムのWikipediaから;ブラック・サバス脱退後、オズボーンはランディ・ローズ ...

 僕がラジオ番組「全米トップ40」を聴き始めた78年7月には、トッド・ラングレンは“Can We Still Be Freinds”(全米29位)のヒットがありましたが、ソロのトップ40ヒットはこれでおしまいで残念。 でも翌年、トッドが結成したグループ“ユートピア”の“Set Me Free” ...

映画「ザナドゥ」で2人が恋に落ちるシーン。この曲"Suddenly"は邦題「恋の予感」。場面にぴったりだな。恋は「突然」にやってくるのです。◆クリフ・リチャードとのデュエット。オリビアはかつてクリフのバックコーラスの修行時代がありました。クリフはオリビアにとっては ...

このブログでこれまで取り上げてきたオリビアの楽曲の和訳記事はこちらです。 "Magic"(魔法)の雰囲気が出た曲でしたよね。"ザナドゥ"の物語から"魔法"をモチーフにして、オリビアの新しい路線=「妖艶さ」を感じました。4週連続No1は見事です。その後、でも「Physical」が ...

 ラジオ番組「全米トップ40」を聴いていた人なら、1980年のヒットである、ダート・バンドの“An American Dream”はよく覚えていることでしょう。 あのほんわかした雰囲気の曲、たまらないですよね〜。演奏であのギザギザを棒で音を立てるギロ(ズ〜チャッチャッ…)の音 ...

 ニール・セダカが娘さんのデラ・セダカとデュエットしたナンバー「面影は永遠(とわ)に」(Should've Never Let You Go)。デラ・セダカは歌が上手いな〜と感心しましたね! デラは1963年6月生まれだから、1980年のこの曲のヒットのときは17歳か…はい、当時、私の目に ...

↑このページのトップヘ