洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:1978年のヒット

ニューヨークのとある雨の日のこと...同じ"Another Rainy Day In New York City"というタイトルの曲でもシカゴとは雰囲気もまるで違いますね。ただし、つけられた邦題の方は、シカゴは「雨の日のニューヨーク」ですが、ローラーズは「雨のニューヨーク」となっています。◆作 ...

レスリー、安らかに…。 この曲、ベイ・シティ・ローラーズの曲で僕が一番好きな曲かもしれない。想い出も沢山、1人で口づさんで歌った機会は数えきれない…。でも、レスリーのようには歌えない…。 ******************** 【これまで取り上げてきたロ ...

イントロのサックスが気持ちいい~!ディディディディ、ウォウォウォ~♪の楽しいコーラスも一度聴いたら忘れられない!ウェット・ウィリーもサザン・ロックの代表的バンドですが、ラジオ番組「全米トップ40」がなかったら一生耳にすることはなかったかもしれないグループ。 ...

 1978年の頃、毎週土曜日には「全米トップ40」を本当によく聴いていました。僕が好きなのは基本的にロックとポップソング。ソウルやブラック、ダンスミュージックは当時はあまり好きでなく、自分の好きなアーチストやそれに近い曲を心のなかで応援し「敵」のように思ってし ...

(行けなかったライブ)4月4日(1978年)…フォリナーの初来日公演が日本武道館であった日です。(詳しくはこちら)このブログでこれまで取り上げてきたフォリナーの楽曲の和訳記事はこちらです。イントロのドラムのズンズンチャチャ、ズンズンチャチャから、ギターが入って ...

これまで取り上げてきたジェファーソン・スターシップの楽曲の和訳記事はこちらです。 ジェファーソン・スターシップのアルバム「Earth(地球への愛にあふれて)」の「カウント・オン・ミー」は大好きな曲でした。でもそれに引き続いてリリースされたシングル「ランナウェイ ...

"卒業おめでとう"2021年一つ階段を上がり、一つ先のステージに進んでいくみなさん。自分の道を自分の足で進んでいってください。歩いてもいい、周りの景色も楽しみながら行きましょう。新しい出会いもきっと待ってますよ!↓↓↓↓↓今週の「夜の部」は"卒業"にちなんだ曲を ...

   ランディ・ニューマンの"Short People"もきっと1位になるのでは…と予測していたのに、最高位2位止まり、という記憶に残る曲でした。◆こちら"Short People"が15位からいきなり10位アップの5位にランクインしてきた週のチャートです。チャートをノートに書いていた僕は ...

 享年30歳…早すぎる生涯。33年前の1988年、アンディは新しいアルバムの制作作業に入った頃、胸の痛みを訴えてジョン・ラドクリフ病院に入院しました。そして3月10日、ウイルス感染による心筋炎でわずか30歳で逝去。アンディは亡くなる直前、ビージーズに加わることが決ま ...

このブログでこれまで取り上げてきたカーズの楽曲の和訳記事はこちらです。親友の彼女のことを歌っているのですが、その彼女は主人公の元カノ…ちょっと変わった関係を歌った歌ですよね。◆この曲のSongfactsページには、作者リック・オケイセックのこの曲へのコメントが紹介 ...

↑このページのトップヘ