洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

タグ:1972年のヒット

これぞ“パワー・ポップ”。イントロのエレキギターから始まり、エリックの“ママ~イェイ!”も響き渡ります。コーラスのハモりは切なく、カモン!の掛け合いも楽しい。ラズベリーズの最初のヒット曲「ゴー・オール・ザ・ウェイ」。全米5位ですが、日本でもヒットしました。 ...

誰もが馬鹿をやっちまう。誰もが愚か者(Fool)を演じてしまう。失恋してしょげかえってるヤツにそう言って励ます?歌のようです。1972年に全米3位のヒットとなりました。邦題はないみたいだな。◆この曲を歌っていた「メイン・イングレディエント」について;(タワー・レ ...

 今週夜の部は遅ればせながら「秋うた」特集(既記載曲になりますが)。季節感のある歌っていいですよね。 秋は食べ物も美味しいし、ちょっと遅くまで読書なんかもしてしまったり。なんとなく話し相手が欲しくなってしまったりもしますね。...もう少しで冬ですが…。***** ...

 1973年の今日(9月20日)、ジムは飛行機事故により帰らぬ人となりました。もう50年前になるんですね。日本での大きなヒットはないアーティストですが、ジムを知らない方にもぜひ彼の歌を聴いてみてほしいなあと思っています。  彼の歌で大好きな曲は沢山あれど、この「オ ...

2023年夏...夜の部は【夏うた】を取り上げていきます。 夏の夕暮れというと...この曲を思い出します。◆どっちかというと、夏が過ぎてく物悲しさを感じる曲なのですが、歌詞で、“July is dressed up and playing her tune.”“7月はドレスを着飾って、音楽を奏でてる”と ...

音楽を聴こうじゃないか いつだって!  この曲のイントロのギターのカッティングの音、誰もがワクワクしますね。家の中で聴くと、外に出たくなりませんか?ちょっとブルー入っている時でも、ちょっと元気出ませんか?でもこの曲は、やっぱり青い空の下で、でっかい音で聴 ...

 黒だ白だと区別しない世界、調和した世界を望む歌、肌の色や人種で人を分けたりしない、、、ポールとスティーヴィーの“Ebony And Ivory”、マイケルの“Black Or White”が有名かと思います。 こういう曲が全米No1になるっていいですね。1972年のスリー・ドッグ・ナイト ...

「シェリーに口づけ」でミッシェル・ポルナレフを知りましたが、フランス語の意味がわからないので、“きっとシェリーにキスしたいって歌ってるのかな“と解釈して聴いていました。 同じようにこの曲も“愛にも休日が必要だ”(愛も休み休みする必要がある?)というように ...

 お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、僕のブログで取り上げてきたアメリカ(バンド)の曲は、“A Horse with no name(名前のない馬)”を除いては…ほぼジェリー・ベックリーが書いた曲。このブログでこれまで取り上げてきたアメリカの和訳記事はこちらです 純粋 ...

「愛するハーモニー」で初めてニュー・シーカーズを知りました。この曲は大好きになったので、他の曲も聴いてみようと思って調べて出会ったのがこの曲です。 ムムっ?(^_^;) 「僕は恋の大泥棒」じゃなかった「僕は素敵な恋泥棒」か。どんなヤツなんだ?上のニュー・シー ...

↑このページのトップヘ