洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 別れの予感・・・

上のビデオを見ると、どのパートをロビンが歌い、バリーが歌ってるのかよくわかりますね。「My World」はシングルのみで発売されたシングル。1972年に全米で16位になっています。◆この曲のWikipediaに書かれた情報でいうと…・ITV の「The Golden Shot」のバックステージで ...

このステージパフォーマンスのPV、覚えてるなあ。ロクセットのライブ、見たいなあと思いました。1995年に一度だけ来日しているんですね。中野サンプラザか…今はこの会場もなくなってしまったし、女性ボーカルのマリーも天国に゙行ってしまったなあ…。(マリー、安らかに ...

 デビューアルバムから、タイトル曲“ヴァロッテ”に続く2ndシングルがこの曲。米ビルボードHot100でも最高位5位と健闘しました。「二世シンガー」として父親ジョンの影響は大きかったと思いますが、自身が才能あるソングライターでシンガーであることを示したと思います ...

“Blow One's Mind” というイディオム…びっくり驚愕させる、 (人)の心を吹き飛ばす[圧倒する]という意味ですね。今度はぼく、きみの心を動かせたかな?ってところですかね?この彼、一途に?何度も何度も彼女の心を惹くために努力してきたけど…。この愛の結論は… ...

リチャード日本公演が終了!とってもよかったようですね!(僕はこの後の怒涛のライヴ観戦が続くのでリチャードはガマンさせていただきました)(^_^;)◆日本公演はこの曲からスタートしました。 →東京と大阪は同じセットリストかな(こちら)(作者はリチャードと息子さん ...

ジュエル(Jewel)の来日公演が決定! 21年ぶりの来日公演で、10月12日(木)にBLUE NOTE  TOKYO で行われます。 デビューアルバム『心のかけら』(1995年)がアメリカ本国で1200万枚を超えるセールスを記録。音楽シーンにその名を刻むシンガーソングライター、ジュエルが ...

「夏」の歌って、カラッと晴れた太陽のイメージがあるのですが、夏といっても、蒸し暑くジメッとした天気もあるわけで、そういう意味ではこの曲は後者。 暑さに絶えていた主人公…でも耐えきれずに…「俺のことなんてどうでもいいんだ」「関係ないだろ」と爆発してしまう ...

  この曲、どうしても高校のときの友人の「三隅(みすみ)」くんが頭に浮かんできてしまいます(^_^;)◆恋人との間に別れの予感を感じているのでしょうか、それでもボーイは強気に、“僕を失って、きみは僕を恋しくなるよ”って言い放ちます。まるで、そのような魔法をかける ...

彼か、自分か、どっちにするのか…。意を決して彼女に話すつもりなんだな…。この歌はアルバム「Partners In Crime」のなかでは、特にヒネった物語はない、どストレートな男女関係の話。自分の吸っていない銘柄の煙草の吸殻を発見したところから、知ってしまった彼。"Not on ...

 アルバム「ミラージュ」のなかではさほど印象に残らない曲だったかもしれませんが、カントリータッチな聴きやすい曲。いつも難解でワケがわからない(^_^;)曲を書くスティーヴィーの作品としては珍しい感じがしました笑。駅で相手を待ちくたびれてしまった彼女。相手を信じ ...

↑このページのトップヘ