洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 別れの予感・・・

  この曲「悲しいうわさ」のマーヴィン・ゲイのバージョンは1968年に全米1位(7週連続)になっていますね。僕もそちらで知っているのですが、映画「メイキング・オブ・モータウン」では、このグラディス・ナイト&ザ・ピップスのバージョンが長く流れるので、こちらで取り上げ ...

シュープリームスは当初は"プライメッツ"という4人組で活動をスタートしましたが、すぐに1人が抜け、ダイアナ・ロス、マリー・ウィルソン、フローレンス・バラードの3人組になります。シュープリームスとしてデビューして8枚のシングルをリリースしましたが、火はつかず。ミ ...

キャロル・キングの"It's Too Late"。1971年にアルバム「つづれおり(Tapestry)」から、「空が落ちてくる(I Feel the Earth Move)」と両A面シングルとしてリリースされて、全米1位を5週間続けました。◆もう偽ることのできなくなった自分に正直に相手に別れを切り出す歌 ...

 カーペンターズは名曲ではあるものの、残念ながら全米No1になれなかった曲が何曲かありますね。"愛のプレリュード"、"雨の日と月曜日は"、"スーパースター"、この"ハーティング・イーチ・アザー"、そして名曲中の名曲"イエスタディ・ワンス・モア"。これらの曲はみな最高位 ...

  訳してみないとわからないもんです。「I gotta new life」「I saw the sign」...“恋にめぐりあって”「新しい人生」「恋のサイン」かと思ってました...。逆じゃん!(;一_一)*詳細は日本語訳をご参照◆エイス・オブ・ベイスは「1990年代のアバ!」って呼ばれてましたが ...

 この週末には またも台風が日本列島を直撃とのこと。大きな被害のないことを祈ります。そして備えられることは備えましょう。 シンディとバンドの皆さんにも何事もないことを祈って...。 ◆さて、シンディが歌うバラード"I'm Gonna Be Strong" は、1994年のベスト・アル ...

 マイケル・ボルトンは1987年の全米19位のヒット"That's What Love is All About"(この胸にときめきを)で聴きホレてしまいました。(「この胸のときめきを」はエルビス。マイケル・ボルトンは「胸に」ですのでご注意を)◆ですので、マイケルのアルバム「The Hunger(いざ ...

彼か、自分か、どっちにするのか…。意を決して彼女に話すつもりなんだな…。この歌はアルバム「Partners In Crime」のなかでは、特にヒネった物語はない、どストレートな男女関係の話。自分の吸っていない銘柄の煙草の吸殻を発見したところから、知ってしまった彼。"Not on ...

 ジョージのベンさん(ジョージ・ベンソン)の全米シングルチャートの最後のチャートイン曲がこの曲「レイディ・ラヴ・ミー」。オトナの雰囲気の曲ですね。作者はデヴィッド・ペイチとジェイムス・ニュートン・ハワード。ベンさんの後ろのリズムセクションはベースにネーザ ...

盲目のシンガー、ロニー・ミルサップ。ラジオ番組「全米トップ40」を聴いていなければ彼との出会いはありませんでした。ロニーの全米トップ40ヒットは6曲。1983年のこの曲以降、残念ながらロニーの全米Hot40ヒットは出ていません。  …曲目(全米チャート成績・リリース年 ...

↑このページのトップヘ