洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: "Fire"(炎)がつく曲

 Liveでの"Fire".ライヴでは動と静、早い曲と遅い曲の対比、で映える曲になりますね!Big Man(クラレンス・クレモンズ)の“but your heart stays cool”もいいし、“Romio and Juliet”を言うまでのタメが長い!楽器ももたずに絡み合う?ブルースとビッグマンの関係も…こ ...

 ポインターシスターズの「ファイア」。1979年の当時、全米Top40でも僕は結構好きでした。他の曲と比べるとゆっくりとしたスピードだし、様々なジャンルの洋楽を聴くのが楽しかったんですね。 でもゆっくりとした曲がサビやブリッジの部分でちょっとテンポアップしたり、 ...

洋楽の色んなアーティストを聴きましたが、エルヴィス・コステロは全米トップ40だと“Everyday I Wirite The Book”のヒット(1983年 全米36位)のヒットがあって、アルバムは「パンチ・ザ・クロック(Punch the Clock)」を買いました(アルバムジャケットが若い水谷豊さん ...

有名曲ですよね。イントロのオルガンが印象的です。ドアーズの「ハートに火をつけて」は僕は最初はラジオで聴いたのですが、アルバムで買って聴いたらビックリ。A面ラストでめちゃくちゃ長かった(6分50秒)。デビュー・アルバムが出て、「ブレイク・オン・スルー」がシング ...

 映画「セント・エルモス・ファイアー」(1985)の主題歌のこの曲は全米1位の大ヒットになりました。今聴いても気分を高揚させ励ましてくれる曲だと思います。◆映画について(Yahoo映画「セント・エルモス・ファイアー」より):“嵐の中、船乗りたちが道しるべとしたマ ...

 アルバム"Born In The U.S.A"のA面ラストはこの2分ちょっとの短い曲"I'm On Fire"で締めくくられます。ゆっくりとギターが爪弾かれ、ブルースはスキャットを響かせながら終わっていく…まるで前作「ネブラスカ」のなかの曲のような感じがしました。 "Born In The U.S.A" ...

(最後にブライアンの"ドモアリガトウ"が聞けます…日本公演の動画ですね) 1987年リリースのブライアンのアルバム"Into The Fire"。そのタイトル曲がこの曲です。 前作、アルバム"Reckless"でブライアンが大ブレイクしました。シングルヒットも数多く生まれましたから、ブ ...

KISSのファイナル・ツアーに向けて地獄の特集!本日のラストはこの曲です。◆"Heaven's On Fire"...正直いってこの頃のキッスはほとんど聴いてない(すみません)。お化粧を落としたアンマスクトの時代ですね。素顔での来日公演もしてくれました。このHeaven's On Fireは、な ...

ドラマーがボーカルを取るバンドもいろいろあります。グランド・ファンクはドン・ブリューワー、ナイト・レンジャーはケリー・ケイギー、キッスのピーター・クリス、C-C-Bはりゅうこうじ!?クイーンもロジャー・テイラーがどのアルバムも1曲はボーカルを取る曲が収録されてい ...

↑このページのトップヘ