洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: なんじゃこりゃ!面白ソング

うーむ、後世に残したい音楽(Neverenging Music)かというと…どうでしょうか(^_^;)。でも、80年代中盤の“クセになる一曲“ですよ。全米12位のヒットはなかなかのものです。はい、カウボーイになりたいなあ、なったらどうだったかなあ…そんな男の夢想を歌にしていますね! ...

“臨時ニュースを申し上げます…““ゴジラが 銀座方面へ向かっています…““大至急 避難してください…“…という日本語の歌詞がある洋楽曲です。タイトルは… ゴジラ !◆この曲、70年代の当時は僕は知りませんでした。米国ハードロック・バンドのブルー・オイスター ...

これぞディスコサウンドの傑作曲。ああ〜摩訶不思議な一発ツモの大ヒット!(国内盤シングルジャケット掲載のキャッチコピー)“ウゥ〜フゥ〜!レッツ・オーチャン!♪” “Let's All Chant”!を麻雀の役“チャンタ”と絡ませて「チャンタでいこう」としたレコード会社の担 ...

この曲、2017年のポール In ブドーカン(武道館)では演らなかったけど、“One On One”ツアーでは東京ドーム初日には演った曲ですね。ポールのセカンド・ソロアルバム「McCartnerⅡ」のA面2曲め、トップの"Coming Up"に続いてかかる曲です。◆はい、正直、ポールの大ファン ...

この曲を聴いて、プリンスは天才だ!ということが、よ〜くわかりました…。映画のなかでのジョーカー(ジャック・ニコルソン)の狂気がこの音楽と相まって、ものすごく怖くなります。これ、映画のジョーカーのセリフなどをプリンスがサンプリングするなかでできた曲なんだよ ...

1975年に大ヒットした映画「JAWS」!獰猛で巨大な人食いザメと人類の、息詰まる闘いをダイナミックに描いたパニック映画。監督は当時28歳のスティーヴン・スピルバーグ。1975年公開のアメリカ映画で、第48回アカデミー賞で作曲賞、音響賞、編集賞を受賞した。それでこんなパ ...

ウへェーッ!あの吸血鬼ドラキュラがディスコに出現‼全米のディスコを制覇した君の血も凍る戦慄の衝撃作‼(シングルジャケット掲載のフレーズ)今から45年前の1976年、日本の洋楽チャートに、ドラキュラの笑い声⁉の入ったこの曲“ソウル・ドラキュラ”がありましたね!シ ...

  僕の持っている洋楽本の一冊に「ただ1曲のスーパーヒット(2)1968-1984」(音楽之友社)があります。この本は洋楽のいわゆる"一発屋(One Hit Wonder)"の曲を紹介した本です。  僕はラジオ番組「全米トップ40」を聴き始めた1977年頃からの曲は記憶があって"ああこん ...

「なんじゃこりゃ?」ソング!?ですね。トップ40にはもう一歩だったのですが、こちらレイ・スティーヴンスの「おもしろソング」は当時も話題になりました。バリー・マニロウを知らない方には普通の曲に聴こえるかもしれませんが、知ってる方にとっては…爆笑もののおもしろ ...

↑このページのトップヘ