洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 洋楽ヒット in 日本

ジョリーン、ジョリーン…ってホントに流行りました。日本で流行した洋楽ですね。オリビアが最後ものすごく高い声で"ジョリーン~"って歌うところを真似する男の子の友達がいました。また"髭剃りの歌か?(ジョリ、ジョリ…)"っていうくだらない冗談もしてましたね?(しま ...

千昌夫さんと「おしどり夫婦」と言われていた“ジョーン・シェパード”さん。テレビCMなどでも、ひょうきんな印象を持っていたのですが、実は列記とした歌手!1971年の夏には“サマー・クリエィション”という日本の洋楽ポップスのチャート1位の曲もあるんです。◆文化放送「 ...

“Savage Garden”は僕のブログでも登場は二度目。1曲目はセカンドアルバムから全米1位となった“I Knew I Loved you”を取り上げましたが、取り上げる順番がちょっとわかりにくいですよね。 僕が彼らを知ったのは全米1位になった“Truely Madly Deeply”からなのですが、こ ...

ウへェーッ!あの吸血鬼ドラキュラがディスコに出現‼全米のディスコを制覇した君の血も凍る戦慄の衝撃作‼(シングルジャケット掲載のフレーズ)今から45年前の1976年、日本の洋楽チャートに、ドラキュラの笑い声⁉の入ったこの曲“ソウル・ドラキュラ”がありましたね!シ ...

このブログでこれまで取り上げてきたノーランズの楽曲の和訳記事はこちらです。 “恋のハッピーデート”に続くシングルがこの“ときめきTWENTY”。日本のオリコンチャートでも21位を記録しました。 ちなみに、なんでこのような邦題が付いたかというと...リード・ボーカルの ...

 先日、星船さんブログに取り上げられたMary Jane Girl(“In My House”)を和訳したときに、日本の超有名な洋楽(?)曲である、この曲“メリー・ジェーン”を思い出しました。 僕が和訳せずとも、だいたいの歌詞の意味は皆さんもおわかりかとは思いますが、歌詞を吟味した ...

日本でも1975年の「17歳の頃」に続き、翌年の「ラブ・イズ・ブラインド」でジャニスの人気は広がりました。「ラブ・イズ・ブラインド」はTBSドラマ「グッバイ・ママ」(故坂口良子さん主演)の主題歌になったこともあり、オリコン洋楽シングルチャートで8週連続1位を獲得し、 ...

ラジオ番組「全米トップ40」を中学校のときに聴き始め、僕の洋楽ワールドは一気に広がっていったのですが、その前の時代に聴いていた洋楽、といえば…ポール・モーリアの曲も出てきます。そんなわけで歌詞はないので和訳のしようがないのですが…"Neverending Music"として取 ...

 この曲は当時の小中学生でも知っていたなあ。中1の3月だったかな?中学は毎年クラスが変わるので、最後にみんなで寄せ書きを書き合ったとき、仲の良かったNくんが、みんなの寄せ書きに「愛がすべて」と書きまくっていたのを覚えています。(^▽^;)。◆Nくんはスタイリスティ ...

 オーストラリア出身の4人組フォーク・バンドのシーカーズ。1967年に全米2位となる映画の主題歌"ジョージ―・ガール"がヒットしました。翌年の68年に解散しましたがメンバーの1人キース・ポトガーが1970年にニュー・シーカーズを結成。その第4弾シングルがこの「愛するハー ...

↑このページのトップヘ