洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 恋の予感わくわく

 ビリーがクラッシックの名曲をモチーフにして、この「This Night」を作成しています。 それがベートーベン ピアノソナタ 第8番「悲愴」。ビリーはドゥーワップ曲のコーラス部分にクラッシックを取り入れて、素敵な名曲に仕上げました。(Homage to Little Anthony and ...

ゴーゴーズはVocalistのベリンダ・カーライルが有名で、ソロでも成功していますが、そのゴーゴーズで黒髪のショートカットでいつもステージで元気だったギタリスト、覚えてませんか?ステージでいうと向かって一番右側、下の動画(Our Lips are Sealedでも飛び跳ねて!ます ...

 デビュー曲“Sweetheart“はちょっと暗さがカッコよかったのですが、2ndシングルのこの曲“You're My Girl”はひたすらポップで明るい曲でした。 フランキー&ザ・ノックアウツも「こんな明るいポップ・ロックを歌うんだな」と僕はちょっと嬉しかったりしました。が、チャ ...

アルバム「Suddenly」はビリーの5枚目のアルバム。ここから“カリビアン・クイーン”(全米1位)そして“ラヴァー・ボーイ”(全米2位)の大ヒットが飛び出し、ビリーの人気は世界的になりました。でも、アルバムの日本タイトルは“カリビアン・クイーン”でした(“Sudden ...

リックの6枚目アルバム(成功して2枚め)のアルバムもジャケットにはワンちゃんが登場。前のアルバム“Working Class Hero(邦題は「ジェシーズ・ガール」)“のジャケットに出ていたワンコが車の後部座席の中央にいて、可愛いメスワンコを両側にはべらせてます。邦題は「ア ...

「ナツ曲」に、あとどんな曲あったかなあ?と記憶をいろいろ呼び起こしていたら、そういえばグロリア・エステファンがまだソロの名前がないMSM(マイアミ・サウンド・マシーン)の頃に「ホッホーホッホー♪」って曲があったなあと思い出しました。タイトルはなんだっけかなあ ...

 イーグルスを脱退したあとのランディ・マイズナー。1stソロ・アルバムは自分の名前をアルバムタイトルにつけた「Randy Meisner」をリリースしたのは1978年のことでした。 このアルバムにはイーグルス時代の“Take it To The Limit”のセルフ・カバーが入っていましたね。 ...

イントロのギターのリフから陽気なロック!「聖なる剣」のB面トップがこの曲“Afraid Of Love”。おまえに出会うまで、俺は恋を恐れたりしなかった…おまえとの出会いが俺の調子を狂わせちまう…!初めての本当の恋…を感じたのでしょうか。そのことが“恐れ“…と表現しつつ ...

クリフの歌うポップスは好きだったな。クリフが歴史のあるベテランシンガーだってのは知っておりましたが、ちょうど僕が毎週欠かさずに「全米トップ40」を聴くのだと洋楽の世界をどんどん広げていった1979年。“We Don't Talk Aniymore”(恋はこれっきり!)の全米7位のヒ ...

↑このページのトップヘ