洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 体の一部がつく曲

 ジョージ・ベンソンの“あま~い”バラードです。でもこの曲について僕は歌い手が相手に向き合う“誠実さ”をなんとなく感じていました。 今回和訳するにあたってあらためて作者を確認すると…「誠実さ」の理由がわかりました。作者は“Dan Hill”と“Michael Masser”だ ...

このMTVはよく見ました!ちょっとしつこくて嫌いになるくらいに(^▽^;)。当時はカメラの名前は知りませんでしたが、CCDカメラで撮った映像だったんでしょうね。今回調べてわかったのですが、このMTVを監督したのはゴドリー&クレーム。初期の10ccのメンバーで10ccから出てい ...

祝・卒業2022!この曲が「卒業ソング」か?というと、いろいろ考え方はあるかと思います。でも…ちょっと視点を変えて…卒業するみなさんを送り出すご両親、の気持ちを考えてみてください。とくに今までずっと「自宅生」「自宅通い」だった方で、会社の寮とか独り暮らしを始 ...

 全盛期のスティクスでは、メンバーのトミー・ショウの曲は各アルバムから楽しませてくれました。 1978年の「ピーシズ・オブ・エイト」からは"ブルー・カラー・マン"、"レネゲイド"、"Sing For The Day"の3曲。これは凄かった。1979年の「コーナー・ストーン」は一風変わ ...

きみの頭を僕の肩にのせていいよ…ゆったりと寄り添っている二人の姿…この曲を聴くと、そんな風景が頭に浮かびます…。そういう曲って…やっぱり名曲に思うんですよね。◆アルバム「ペット・サウンズ」のA面4曲めのこの曲"ドント・トーク"。原題は"Don't Talk"のあとに続く ...

ミートローフを偲んで1曲和訳させていただきました…。巨体を動かし、絶唱するミートローフ、好きだったなあ。 この曲もアルバム“地獄のロックライダー”(Bat Out Of Hell)から、作者はもちろん故ジム・ステインマン。(ジムは上のビデオでも出演。最初に女性と言葉を交 ...

グレン、安らかにお眠りください…。(本日、グレンの6回目の命日により、既掲載記事を再度掲載します)  アルバム「呪われた夜」のB-1の「いつわりの瞳」はカントリー調で聴きやすく結構気に入ってたのですが、LPにも訳詩が出ていないので歌詞の意味はよくわかりませんでし ...

はい、寅年の2曲目はこの曲。*****もしもこの曲でなく別な曲が「ロッキー3」の主題歌だったらどうなってたのだろう?  映画「ロッキー3」の主題歌は当初はクイーンの「地獄へ道連れ(Another One bites the dust)」が候補だったらしいですね。でも話がまとまらず、 ...

 歌詞に「クリスマス」は出てきませんが、1987年のエア・サプライの「The Christmas Album」収録の彼らのオリジナル曲の1曲がこの曲。グレアム・ラッセルとラッセル・ヒッチコックが交代して歌う、これぞエア・サプライ、という曲でもあります!◆子どもの目の様子、輝きを ...

↑このページのトップヘ