洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 物語のある曲

 アルバム「フリーウェイ・オブ・ラヴ」(原題“Who's Zooming Who?”)の大ヒットの翌年の1986年リリースのアルバム「Aretha」は、国内でのタイトルはその収録曲にあるストーンズのナンバーから「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」と付けられました。(せっかくアレサが ...

 Album“ザ・ウォール”には“Another Brick In The Wall”が“Part1”から“Part3”まで収録されています。また、1987年のロジャー・ウォーターズのソロツアーでは、“Part1”のあとにアルバムの曲順通り、“The Happiest Days Of Our Lives”~“Part2”を続けて演奏して ...

エルトンのシングルヒットのなかでまだ和訳していなかったこの曲。6分を超える長さはエルトンのシングルとしては最長ですね。"僕を救ったプリマドンナ"=原題"Someone Saved My Life tonight"はビルボードで最高位4位でしたが、キャッシュボックスのチャートでは見事に全米No ...

バディ・ホリー、R.I.P…。彼の代表作である"ペギー・スー"。この曲の登場人物"ペギー・スー"が独り歩きして、別の物語が歌にされました。こういうのもなかなか面白いですね。◆"Peggy Sue Got Married"はもともとは事故の前、1959年6月にニューヨークのコーラルレコードのス ...

アルバム「ホテル・カリフォルニア」からはこの曲が第一弾シングルでした。イーグルスの素敵なハーモニーも聴ける西海岸のサウンドです。でも歌詞は意味深で…。 (本日、グレンの五回目の命日により、既掲載記事を再度掲載します)  イーグルスのベストアルバムのライナー ...

"思わず口ずさんでしまう、このメロディー!全米大ヒットを記録したポール・サイモン2年振りの新曲!早くも"不朽の名作"の呼び声が!!"発売当時のシングルのキャッチ・フレーズです。ちょっとばかり気合い入り過ぎな感じがありますが、"不朽の名作"は当たってると思いますね.. ...

(このブログでこれまで取り上げてきたエルトン・ジョンの曲の和訳記事はこちらです)"リーヴォンの生涯"(シングル名は"リーヴォン")もエルトンの名曲として欠かせませんね。◆"Madman Across the Water"のリマスター盤のライナーノーツに、アルバムプロデューサーだったガ ...

この曲がデュラン・デュラン(以下、DD)の初めてのイギリスでのヒットとなりました。面白いことに、この曲は何のプロモーションもしていないオーストラリアでも1位なったんですね。これはこの曲のSongfactsによると「ラジオでのヘビーローテーションや、未来の氷河の風景が ...

 アリス・クーパーを初めて聴いたのは"I Never Cry"でした。僕が毎月買っていた雑誌ミュージック・ライフによく登場していたアリス・クーバーは、メーキャップをしてヘビを体に巻きつけたりする変人、アルバムタイトルは「アリス・クーパー地獄へ行く」(Alice Cooper Goes ...

↑このページのトップヘ