洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: アルバムの中の名曲

アルバム「シアー・ハート・アタック」でこの曲はA面で"Killer Queen"の終わったあと、ロジャーの"Tenement Funster"(意味は"安アパートの変わり者"ってところでしょうか?)から途切れずに始まり、"Lily of the Valley(谷間のゆり)"に流れるように続いていきます。シン ...

ハワードのNew アルバム「Transform」を流して聴いているなかで一番印象に残った曲が、僕の場合この曲でした。"I can win this time…♪"から曲の感じが明るく変わるのがちょっと記憶に刺さりました。歌詞を確認すると…ウムウム、よいではないか。自分のなかの「ネガティ ...

 (Live From Long Island 1983)  7月のビリーは「Until The Night」を選んでみました。アルバム「ニューヨーク52番街」のB面のフィナーレ(ラストではない)のこの曲は最後の締めくくりとして印象的な曲でした。「Half A Mile Away」(自由への半マイル)で加速したあと、 ...

今回の来日公演でコリーは新曲はどのくらい歌うのかな。ポール・ヤングとジョイントだから、コリー単独の持ち時間は通常のコンサートよりも短くなりますよね。全部で1時間ってところだよなあ。あの歌もこの歌もやってほしいけど、ポールとの「Young At Hart」と合わせて、 ...

ポール・ヤングのデビューアルバム「さよならは言わないで(No Parlez)」は1983年にイギリスで1位になり、大ブレイクしました。 日本のレコード会社も彼を大プッシュしていた記憶があります。たぶんその影響で、僕は割とすぐ、アルバム「さよならは言わないで(No Parlez ...

ブルースのニュー・アルバム、全英アルバムチャートで初登場1位になりました!!(barks.jp)「ウエスタン・スターズ(Western Stars)」はブルース・スプリングスティーン19枚目のアルバム。6月14日リリースのところ、僕も発売日に購入しました。全英UKアルバムチャートでは20 ...

 ポール・マッカートニー&ウイングスのアルバム「Venus And Mars」は中学生のときから聴いてきました。A面に収録されたこの曲は邦題が「磁石屋とチタン男」でしたので、何かギャングのあだ名?の話かなと思っていました。でも曲はハーモニーもきれいで楽しい曲で好きでした ...

   夏の暑い日、御茶ノ水の輸入盤屋さんでHall&Oatesの新譜「Voices」(モダン・ヴォイス)が売っていたのを購入しました。Hall&Oatesは"Sara Smile"で存在を知り、"She's Gone"(追憶のメロディ)の緻密さ?に感動して好きになり、"Rich Girl"の全米No1を喜びました。" ...

 この曲は邦題「噂の女」…内山田洋とクールファイブとは同名異曲です!歌詞の内容は「噂の女」の話ではなくて「きみが僕を好きなんだという噂」の歌で、邦題は完全誤訳ですね(^▽^;)。「噂じゃなくてきみの口(びる)から聞かせてほしい」って曲です!そりゃあ直接聞いて ...

↑このページのトップヘ