洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 文句なしにカッコいい!

このブログでこれまで取り上げてきたティナ・ターナーの楽曲の和訳記事はこちらです。 60年代にアイク&ティナ・ターナーで大活躍したティナ。70年代は実は夫であったアイクの家庭内暴力もあって苦しんでいたようです。1978年に離婚し、ミュージシャンとしてもソロとして、1 ...

僕は80年代のニュー・ウェイヴのサウンドはそんなに好きじゃなかったのですが、サイケデリック・ファーズは曲というよりも、白地に黒のこのアルバムジャケットがカッコよくて印象に残っています。◆映画「Ptetty In Pink」の主題歌もよかったのですが、当時は全米チャートに ...

(Stripped live amsterdam)金持ちのとこにいっちまったおまえ、"地下の世界"で落ちぶれたオレ...。でも俺は一人じゃ生きられないヤツだから、地下の世界のオンナと一緒にいるんだ。おまえがキャデラックのなかで優雅にダービーを予想したりする一方、俺は地下室でヤクにも ...

いや〜これが、ビートルズの隠されていたビデオ!新曲!という話であっても信じたい。信じられる!このビデオだって、エド・サリバンショーそっくりじゃないか!(^_^;)◆トッド・ラングレン率いるユートピアが1980年にリリースした5枚目のアルバム「Deface the Music」はビー ...

 パット・シモンズ作でリード・ボーカルもパットが務めるこの曲“Clear As The Driven Snow”は、前回も今回もドゥービー・ブラザーズの日本公演で聴かせてくれました。静かなカントリー調な出だしから、テンポアップしてコーラスワークもカッコいい。「静」と「動」。うん ...

いや〜この曲はシブかったな。さすが星船さん、この曲を取り上げてくれてありがとうございます。ちょっと僕の和訳対象曲にも入っておりませんでした。「ビルボードチャート日記」by 星船◆The Robert Cray Band、について、上記、星船さんのブログから、アーティストの紹介 ...

このブログでこれまで取り上げてきたドゥービー・ブラザースの曲の和訳記事です。 マイケル・マクドナルドが加入しての本領発揮アルバム「ミニット・バイ・ミニット」の大ヒット!ドゥービー・ブラザーズはトム・ジョンストンのギターを中心にしたロックサウンドから打って ...

(John Cafferty)Released in 1985US Billboard Hot100#62From The Album"Tough All Over"*原詞の引用は太字You better wake up, little JohnnyBetter wake up real soonThe time has come now for me and youおいジョニー 起きろっていますぐ 起きるのがいいぜ俺とおまえ ...

アンディ・ウォーホール作のジッパー付きのジャケット!“Brown Sugar”のB面でリリースされたこの曲“Bitch”。このブログでの楽曲カテゴリーは「文句なしにカッコいい」に入れました!ストーンズのライブでもほぼ鉄板で演奏され、キースのギターの出番!って感じです。◆こ ...

 "Somebody"...この曲は"Reckless"からの"Run To You"に続くセカンドシングル。こうした荒削りなロックもブライアンの魅力ですね。"Everybody Needs Somebody"...このフレーズはよく耳にします。この場合の"Somebody"は「誰か」という単純な訳じゃなくて、「大物」転じて「 ...

↑このページのトップヘ