洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 文句なしにカッコいい!

ベ、ベ、ベ、"ベニー&ザ・ジェッツ"!1974年に全米1位になったこの曲は数あるエルトンの曲のなかでも異色ですね。ズン、ズン、ズン、と低音が一定のリズムで響くなかで曲が展開されていきます。エルトンのボーカルはファルセットも使って変幻自在。"いい曲"っていうんじゃ ...

本日8月16日はエルヴィス・プレスリーの命日。プレスリーの偉大なヒット曲を数曲、お届けしたいと思います。**********この「冷たくしないで」ではエルヴィスの「ハウンド・ドック」と両A面のシングル。全米11週間連続ナンバーワンという当時の記録を作りま ...

(曲紹介はヘレン・レディ)ラジオ番組「全米トップ40」でも、この曲もかなりカッコいい曲で印象的なナンバーでした。イントロのギターからサックス、コーラスもGood!ボーカルのジョン・タウンゼントの声もダリル・ホールに似てるなあと思いました。1977年に最高位9位のヒ ...

 この曲もDuran Duranの代表曲ですね。邦題が「プリーズ・テル・ミー・ナウ」。一度聴いたら、結構忘れない印象的なコーラスです。でも原題は"Is There Something I Should Know"。原題とは全く違う邦題ということでも洋楽ファンには有名な曲ですね(^▽^;)!◆現在は、この ...

この曲も「全米トップ40」では"1発屋(One Hit Wonder)"の曲。でもなかなか味のあるロックで、全米では最高位15位まで上昇し、日本でもそこそこのヒットになった記憶があります。スニッフ&ティアーズはポール・ロバーツを中心に結成されたイギリスのバンド。そのプロフ ...

 ジャック・ブレイズとトミー・ショウの声が絡み合う、テッド・ニュージェンとのワイルドなギター!~この曲こそ"ダム・ヤンキース"! ジャックはこの曲をだいぶ気に入っているようで、Night RangerのライヴでもDamn Yankees時代の曲として、この曲"High Enough"と"Coming ...

この曲はなんとなく"冬の曲"という印象がありました。でも全米1位を獲得したのは5月のこと。イントロや曲の感じが冷たい季節を背景にしているような気がするのかな。◆カッティング・クルーの32年振りの来日が決まりました!(こちらどうぞ)◆彼らのアルバム「ブロードキャ ...

"Stay With Me"というタイトルを持つ曲の3曲め。この曲はノリのよい、とてもファンキーなナンバーです。フェイセズはロッド・スチュワートが所属していたロック・バンド。イントロのハードな演奏...転じて、スローダウン。けだるい感じのギターになり、"In The Morning...! ...

いや~、ブラザーズ・ジョンソン(略してブラジョン)、カッコいいです!間奏のチョッパーベース見ましたよね!この曲、日本でも流行ったよな~。◆この「Stomp」が収録されたアルバム「Light Up TheNight」。1980年のリリースです。このアルバムもプロデューサーはクインシ ...

↑このページのトップヘ