洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 踊れ!ダンサブルソング

 "KC&ザ・サンシャイン・バンド"の名前は日本のラジオの洋楽ベスト10で初めて聞いたと思います。"ザッツ・ザ・ウェイ"からかな。小中学生もイントロのウ~ウ~ウ、ウウウウ~ウ~ウ♪"や"アハアハ"言ってたと思います。「俺が"ザッツザウェイ、アハ"って歌ったら、お前"ア ...

9月になってからこの「恋のマカレナ」の視聴ランキングが急増。それはたぶん、このコマーシャルのせいですよね。これだけで足長に見えるのなら…(^▽^;)。 「GU」さん、元気がいいですね。僕もたまにお世話になっております。。!    全米1位を14週!「恋のマカレナ」 ...

 1979年のこの頃のチャートは「ディスコ勢」のなかにどれだけ僕の好きな曲が割入ってNo1になるか、ということを願っていました。この曲もそういう意味では嫌いな方で(コラ!)したが印象深いヒット!になりました。◆1979年前半のNo1ヒットを追うと…好き嫌いがこんな感 ...

映画「Streets Of Fire」で歌っている黒人ボーカルグループ「ソレルズ(The Sorels)」。でも…このグループ、映画のなかだけで登場する架空のグループなのです。歌っているのはダン・ハートマン!、アメリカのシンガーです。◆ダン・ハートマンには1978年の全米29位になった ...

ビー・ジーズとアンディ、4人兄弟の共演の場面が出てきましたね…。このブログでこれまで取り上げてきたビー・ジーズの和訳記事はこちらです。「小さな恋のメロディ」(メロディ・フェア)のビー・ジーズと「You Should Be Dancing」のビー・ジーズが同じグループだとは思い ...

冒頭の"ボコーダー"を使った部分。タモリ倶楽部「空耳アワー」で"なまむぎ、なまた~まご、なまむぎ、なまた~まご"という作品がありましたね!この曲"Let's Groove"もアースの代表曲。ディスコでこの曲に合わせて踊りまくったという人も多いのではないでしょうか。前作「フ ...

これまで取り上げてきたホール&オールの和訳記事はこちらです。 無機質なリズムマシーンのリズムのダンサブルなサウンド、"I Can't Go For That"を繰り返す歌詞。特徴のある低いベースラインは、マイケルが「ビリージーン」で参考にさせてもらったよと、"We Are The World" ...

このブログで取り上げてきたジャクソン5&ジャクソンズの和訳記事はこちらです。ジャクソンズのサード・アルバム「デスティニー」がもしヒットしていなかったら…EPIC/SONYはジャクソンズとの契約を解除していたそうです…。◆1976年「The Jacksons」は「Enjoy Yourself(僕 ...

 トップ40に初登場の週は、グループ名と曲名を取り違えてしまい「ブギ・ウギ・ウギ」というグループの“A Taste Of Honey”とノートに書いてしまいました。翌週取り消し(鉛筆で書いていてセーフ)。◆“ブギ・ウギ”という言葉は、日本の「ダウン・タウン・ブギ・ウギ・バ ...

↑このページのトップヘ