洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: いろいろな愛

 このイントロのサックスとギターカッティング、おさげ髪のキュートな女子、ウエストコーストアーティストの妹分!というのがニコレット・ラーソンのデビュー時の印象です。 最初に聴いたときは、この曲「Lotta Love」がニール・ヤングの作品(Album「Comes A Time」収録) ...

この曲のイントロのカルロスのギターが爽やかだなあ。僕が洋楽を聴き始めた頃、サンタナと言えば…1976年の"哀愁のヨーロッパ"!が大ヒット。タイトルは"ヨーロッパ"ではありましたが、アルバム「アミーゴ」のジャケットのイラストからもラテンフレーバーを充分に感じました ...

 マイケルがこの世に別れを告げてから11回めの6月25日がやってきました。当時、もうマイケルの新曲が聴けないのか…と悲しんで落胆してたところに、この"This Is It"が流れてきました…。なんてステキなメロディとマイケルの歌唱!とても嬉しかったのを覚えてます。◆この ...

 アルバム「1984」から"Jump"に続くセカンド・シングル…この"I'll Wait"も注目しました。シンセサイザーから始まるイントロはワクワク何か始まるぞ~と楽しませてくれます。 でも国内盤シングル名は「ウェイト」。 みなさん、僕と同じように"ビートルズじゃないんだから… ...

夕やみ迫る空に、LRB哀愁のハーモニーはよく似合う。傷ついた僕の心をいやすこの1曲。(国内盤シングルジャケットのキャッチコピーです) これまでに取り上げてきたリトル・リバー・バンドの和訳記事はこちらです。アルバム「栄光のロング・ラン」(First Under The Wire) ...

この曲は結構気にいってます!ただ、Wikipedia(英語)の解説ではこの曲について、「最近、以前の関係に失恋経験をした女性に目をつけた男の歌」と書かれてました。元も子もねえな(笑)◆こういう曲が全米No1、しかも3週間1位になるってのもいい時代だったなあと思います。 ...

 "Broken Wings"と"Kyrie".Mr.ミスターは2枚の全米No1ヒットを出しましたね。彼らはロサンゼルスでスタジオ・ミュージシャンとして活動していたリチャード・ペイジ、スティーヴ・ジョージが結成した「ペイジズ」というバンドが前身になります。 ペイジズ解散後、ペイジと ...

ダン・フォーゲルバーグのこのブログで取り上げてきた和訳記事はこちらです。2枚組のずっしりとしたアルバム「イノセント・エイジ」はよく聴きました。ダン・フォーゲルバーグはその後「グレイテスト・ヒッツ」をリリース。目がくりっとしたダンの表情が印象的なアルバムジ ...

ティナの全米No1ヒットのこの曲、邦題は「愛の魔力」と付けられました。(第27回グラミー賞では、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞の3部門を受賞ですね)◆確かにゆっくり噛みしめるような緊張感にあふれるこの曲。ティナの歌 ...

(冒頭ビデオ)あんなに愛し合っていた仲なのに…。様々なキスシーンが映し出されます…後半にはそんな二人が、罵りあい、つかみ合い、争いあったりします。 イントロからなんとなく怪しいミステリアスな感じがしますよね…。この曲"Turn Me Loose"がLoverboyのデビュー曲で ...

↑このページのトップヘ