洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 地名・場所のつく曲

 ドゥービー・ブラザースの代表曲の1曲ですね!中学生のときに、ドゥービー・ブラザースの代表曲として3曲覚えました。"ロング・トレイン・ランニン"、"リッスン・トゥ・ザ・ミュージック"、そしてこの曲"チャイナ・グローヴ"です。タイトルを聞いたときに最初の2曲は中学 ...

a-ha(アーハ)が来年3月、日本に来てくれます!(10年振りです)東京、福岡、大阪、名古屋で公演あります。(こちら creativeman.co.jp)大ヒット曲「Take On Me」収録の「ハンティング・ハイ・アンド・ロウ」の再現ライブらしいぞ。◆この曲"Manhattan Skyline"はPV(冒頭 ...

ニューヨークのとある雨の日のこと...同じ"Another Rainy Day In New York City"というタイトルの曲でもシカゴとは雰囲気もまるで違いますね。ただし、つけられた邦題の方は、シカゴは「雨の日のニューヨーク」ですが、ローラーズは「雨のニューヨーク」となっています。◆作 ...

(梅雨の季節の"雨(Rain)"Song特集が続いています…!)シカゴには数あるアルバムがあるけれど、このアルバムアートワークが一番好きだな!(シカゴ・チョコレートが美味しそうです!)◆"シカゴⅩ"は「カリブの旋風(かぜ)」という邦題が付いたのは、この曲をはじめとす ...

 アルバート・ハモンド、2016年1月のビルボード・ライブを観に行くことができました!もう「伝説」とも言える洋楽アーティスト。日本公演は43年振り、71歳という年齢。初めて聴いた曲も多かったですが、アルバート本人が歌った曲だけでなく、他のアーティストに提供した楽 ...

AOR全盛期に日本でもよく聴かれた、ラリー・リーの「Don't Talk」。ヒットの背景は映画「波の数だけ抱きしめて」に使われたことがきっかけでした。 このラリー・リー、1975年には"オザーク・マウンテン・デアデヴィルズ"というバンドで「ジャッキー・ブルー(Jackie Blue ...

昨日(4月9日)、エドの来日公演(東京ドーム)が行われたようですね。観に行った人は楽しめたのかな?セットリストがインターネットでも紹介されていました。(こちらです) 23日の大阪公演まで少し時間がありますが観たくない人は観ないようにね(^▽^;)。◆さて、エド・ ...

“無人島に持っていきたいレコード”3枚選ぶとしたら…?という“もしも?”は一人で考えることはあります。 このアルバム「ジムに手を出すな(You Don't Mess Around With Jim)」は結構有力な候補であります。でもA面・B面通しても「短い」ってのが難点です。さて、ど~ ...

"卒業おめでとう"2019年一つ階段を上がり、一つ先のステージに進んでいくみなさん。自分の道を自分の足で進んでいってください。歩いてもいい、周りの景色も楽しみながら行きましょう。新しい出会いもきっと待ってますよ!↓↓↓↓↓今週の「夜の部」は"卒業"にちなんだ曲を ...

 中学校1年のときに僕が初めて買った洋楽のLPレコード。日本編集のS&Gのベスト2枚組「Golden Double Series」。これは聴き込みました…。 数カ月前にラジオを聴いていたら、サイモンとガーファンクルの「ベスト5」というコーナーがあって、5位「スカボロー・フェア」、4 ...

↑このページのトップヘ