洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 数字のつく曲

 James Bluntは2006年に"You're Beautiful"で全米No1になりました。アルバムもよく聴いたので、次作も期待していました。そしてアルバム「All The Lost Souls」が出て、リードシングルであるこの曲"1973"を聴いたとき、これはスゴい曲だぞ!と思ったのですが、日本ではFMで ...

 ラテン音楽やジャズ、ボサノバ、R&Bとシャレたサウンドでさらっと聴きやすい音楽、確かで安定した演奏。スティーリー・ダンはたまに僕のBGMになります。 歌詞は「麗しのペグ」もそうでしたが、なんとなくひねった皮肉めいたものが多いのかな、あまり歌詞にこだわらないア ...

このブログでこれまで登場したリンゴ・スターの曲の和訳記事はこちらです。リンゴ・スターの初ソロ・アルバムは、ビートルズが解散後として初めて4人全員が参加したアルバムとして話題を集めました!(残念ながら4人が一緒に演奏…はしていません)◆ジョージ・ハリスンは ...

 この歌はリアルタイムでは聴いてなくて、ラジオ番組「全米TOP40」で湯川さんが紹介してくれて知った曲です。そのときに「Until the Twelfth of never」=「Forever」(永遠)という意味だって教えてくれました。◆この曲の歌詞でいう、ブルーベルという花…必ず青い花を咲 ...

ちょっと妖しい感じ、iイントロから僕は光がチカチカ瞬くような感じの曲。この曲はずっと謎に思っていました。 "Strawberry Letter 23"というタイトルなのに、どうしても後半では「22(Twenty-two)」と歌ってるように聞こえます。 この曲は「全米トップ40」のなかでも"大 ...

 エグザイル"Kiss You All Over"の記事のコメント欄にて、"トップフォ―ティー"さんが当時の「全米トップ40」を聴いていてチャートアクションをノートに付けていた、と言う話から、チャートで勢いのある曲について「星がついています」とか「赤丸急上昇」とかの表現の話に ...

 僕のブログで、フォガット (Foghat) は初登場ですね。フォガットは中学校のときのクラスで"なおやっち"が好きでよく聴かせられました。ブギー一辺倒な感じで僕は正直あまり好きじゃなかったのですが、この曲がトップ40に入ってきたときはビックリ!いい曲じゃないか!フォ ...

このブログのテーマ別カテゴリに「数字のつく曲」を設けていましたが、この曲を忘れていました。数字一つに飽き足らずに「1-2-3」などというタイトルで、歌詞では「11」まで数えてしまうこの曲を!◆グロリア・エステファンには全米No1曲が2曲あります。“Anything For You ...

 おいおいシーナ、ツナギのような服着て、機関士の彼の仕事をなに邪魔してるの!・・・PVでは彼は機関車の機関士なんだけど、歌詞とは設定がちょっとおかしいですよね。「9 to 5」の仕事なんだからもう少し都会での生活なんだろうと思うのですが…。◆シーナのNo1ヒット「Mor ...

↑このページのトップヘ