洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 隠れた名曲

(これまで取り上げてきたダンの和訳記事はこちらです) 米国イリノイ州では、彼の誕生日8月13日を"ダン・フォーゲルバーグ・デー"とすることが2015年に議会で決まったそうです。 今からもう13年前(2007年)の8月13日、数年間の闘病生活の後、ダンはこの世をあとにしまし ...

2017年10月2日…トムがこの世にサヨナラを言ってから、2年と7カ月が経ちました。あらためてこの曲を聴くと…翼もないのに空を飛ぶことを習い、旅を始めたトム、"降りるのが一番難しいんだ"と歌っていましたが、降りることはできたのでしょうか…。◆トラベリング・ウィルベリ ...

 ロジャー・ダルトリーはThe Whoのボーカリスト。Billboardのシングルチャートでロジャーのソロの曲が入ってきたなんてことは初めてでした。20位まであがって嬉しかったな。出だしにアコースティックギターにシンセサイザーがかぶさってきてって、そのバックにマンドリン ...

はい、こちらがポール・ウィリアムス自身の歌った「You and me against The World」です。ポール自身、本職?はソングライターですので、歌が特段上手いというわけではないですが、でもこの朴訥とした歌声、落ち着いたアレンジ、僕は好きだな..。ヘレンのバージョンで歌わ ...

「Stay Home」にちなんで"Home"がつくタイトルでこの曲を思い出し、取り上げてみました。1988年当時、よくFM YOKOHAMAを聴いていたのですが、DJさんがこの曲をよくかけていた気がします。たぶん夕方にかけていたのは「早く家に帰りましょう」って意味でこの曲をチョイスして ...

 「死ぬまでに聴け!バラード200」(著者:かまち潤 青弓社 2010年)という洋楽本を持っています。(記事一番下に電子書籍購入のリンクがあります;試し読みもできます)なかなかインパクトのあるタイトルで、洋楽ファンの僕としては『えっ、僕の知らない曲は載っている ...

 全米ではシングルになっていないこの曲、確か何かのオムニバスCDに収録されているのを耳にして知ったんだな。ダンディなボーカリスト、ロバート・パーマー。彼がシャウトする曲も魅力があるけれど、歌を聴かせる曲もまた味わいがあります。◆"She Makes My Day"は、ロバー ...

 僕が最後に買ったプリンスのアルバムは「パレード」。そのラストを飾っていたこの曲「Sometimes it snow in April」は覚えています...。"プリンス"らしくない!?静かな曲。そしてタイトルのインパクト。また、プリンス自身が監督となって作った映画「アンダー・ザ・チェリー ...

ポール・ディヴィス...名曲「I Go Crazy」と同じアルバムに収録されている中ヒットの「Sweet Life」です。この曲は「I Go Crazy」のあとにシングルカットされました。「全米トップ40」をチューニングが悪く雑音が多いなかで、深夜に優しい歌声を届けてくれました。ポー ...

↑このページのトップヘ