洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 想い出にひたりたい

ポップな曲を作って歌ったデュオ"ネイキッド・アイズ"。この曲もよかったな。 この曲"僕はこんなに"は、エレクトロニックなアレンジですが、ポップで親しみやすくって好きでした。でもビックリだったのはこの曲の作者。バート・バカラック&ハル・デヴィッドの名コンビじゃ ...

この曲のミュージックビデオ。思わず見入ってしまいます。ゴドレイ&クレームの作品です。リンゴが大活躍!していますが、ジェフ・リン、ポール・サイモン、エルトン・ジョンもカメオ出演してますし、サウンドが“アイ・アム・ザ・ウォルラス”や“ア・デイ・イン・ザ・ライ ...

「夜に泳ぐ」・・・僕は水泳があんまり得意じゃないってこともあるけど経験ないですね~。◆“September's coming soon”という歌詞が出てきます。夏の終わりと同時に学校が始まる・・・日本では4月が新年度開始ですが、海外では9月始まりがほとんどで、進学したり、社会に出たり ...

8月も終盤になると…夏が行こうとしている…この感じ。もの淋しい感じがしますよね。ビーチ・ボーイズの曲たちのなかでは「夏」を歌ったものが沢山ありますが、夏も終盤。こうした頃の曲はとりわけ好きなんだよなあ…。◆“サーファー・ガール”そして“ガール・オン・ザ ...

  ウエストコーストのバンド「ポコ」は、イーグルスのランディやティモシーが過去に在籍していたバンド、そして1979年に全米チャートにランクインされた“Crazy Love”そしてそれに続く“Heart Of The Night”で知りました。(というか、それしか知らない) でもポコ自身 ...

  この曲"Please Mr. Please"はアーリー・オリビアの魅力いっぱいの曲。歌詞に出てくる重要アイテムはジューク・ボックス!若い人はわからないだろうなあ。 現れた男たちを"button-pushing cowboy"と表現。"イライラさせる"男たちと、ジュークボックスのボタンを押そうと ...

↑このページのトップヘ