洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 悲しい失恋・悲しい別れ

 この素敵なバラードを初めて僕が聴いたのは、リアルタイムでは聴けていないものの、全米チャートでヒットした70年代初期のいい曲をさかのぼって集め始めたRhino(ライノ)レーベルから出てるCDシリーズ“Have a Nice Day“でした。(Wikipedia Have a Nice Day album serie ...

歌は上手くない(笑)のに…気になる3人。(ファンの方ゴメンナサイ)この曲もハーモニーがあるかというと、メインのメロディを歌うだけ…振付もあるんだか自由なんだか。練習やリハーサルしたんだろうか?…っていうくらい自由!そこがバナナラマの魅力なんだろうな…ホメ ...

 ラジオ番組「全米トップ40」を聴いていて、あの“American Pie”のドン・マクリーンが“Crying”でチャートにリアルタイムで入ってきたのにはビックリしました。◆“Crying”は全米で最高位5位となり、続くシングルとしてこの曲“Since I Don't Have You”もチャートにコン ...

 オリビアのアルバム“Sour”を何回かBGMで通しで聴くなかで...“Drivers License”と“Deja Vu”、そしてこの曲が記憶に残りました。 おじさんの僕が、もちろん10代の女子の気持ちがわかる、とは言いません。でも、年齢と性別を超えて、この曲が心に刺さるひとって...多 ...

デビューシングルが8週間連続 全米シングルチャートNo.1は新記録ですね!オリヴィア・ロドリゴ...すごい新人が出てきました。まだ17歳で、こんな曲作れます⁉(^_^;)正直いってビリー・アイリッシュが出てきて、そしてグラミーを受賞したときは曲を聴いて、...“時代は変わっ ...

このブログでこれまで取り上げてきたロボの楽曲の和訳記事はこちらです。途中、間奏のハーモニカが泣かせます“恋人”と“友達”の関係...難しいですよね。さすがに今の僕の年齢ではないけれど、若い時は...ずいぶん悩んだこともあったし、友人の相談にのったこともありまし ...

うーん、妖しい雰囲気のホテルです。マイケルは何か騙されてしまったようです…。◆ジャクソンズの「Heartbreak Hotel」。飛ぶ鳥落とす勢いのあったマイケル、ちょうど1980年頃はソロ活動と、兄弟グループ「ジャクソンズ」の活動と並行して行っていました。ジャクソンズのア ...

 ステイシー・ラティソー、天才少女ボーカリストとして1980年から全米Hot100チャートでトップ40ヒットを3曲出したアーティストです。 この声、若いですね~。デビューが12歳で、この曲を歌っていたときは15歳ですよ(^▽^;)。ただ確かに歌はうまいけど、"表現力"が今一歩か ...

レスリーR.I.P...。以前に掲載したBCR和訳記事をレスリー追悼で再掲載します。++++++++++++++ベイ・シティ・ローラーズの日本でのアルバムデビューはこのレコード。「Once Upon A Star(噂のベイ・シティ・ローラーズ)」でした。このアルバム、CDだとわかりに ...

アルバム"Hotter Than July"は聴きやすい曲が多く、よく聴きました。なかもA面の"Rocket Love"とB面の"Latley"はどちらも悲しいバラードで、年頃の性格が暗かった(^▽^;)僕はシンパシーを感じて気にいっておりました。なんかこの2曲を聴くときは部屋を暗くしてヘッドホンで聴 ...

↑このページのトップヘ