洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 悲しい失恋・悲しい別れ

3人組デュオグループのAmerica。爽やかなハーモニーを聴かせてくれました。今でこそちょっと泥臭いようなデューイ・バネルの書く曲も聴きますが、めめしい性格だった僕(本当か?)はジェリー・ベックリーの書く優しくて可愛らしいような曲が好きでした。彼らのサードアル ...

ブリーズ(Breathe)は1980年代初頭にロンドンで結成されたバンドです。全米第2位のこの曲と、続く「How Can I Fall」(全米第3位)も印象的なバラードでしたね。◆当初は子どもの頃からの仲間6人組で“Catch22”と名乗っていたそうです。その後、4人組となり、1988年にデビ ...

ん~哀愁漂うこの曲、歌謡曲だよね...(^▽^;)なんかこの曲、やっぱり寒い時期に聴いた気がします。調べてみるとNo1になったのが2月。12月くらいからチャートに登場し2月にトップに…そんな時期にラジオで聴いていたってことなんですね。季節の移り変わりもなんとなく冬から春 ...

この曲"Almost Over You"は「哀しみ色に染めて」という、とてもオシャレな邦題がついています。Sheenaが切々と歌い上げるバラード曲。なかなか好きだったなあ。◆これは知りませんでした。日本でこの曲はB面。シングルのA面は「Devil in a fast car」(素敵な悪魔)。「Devi ...

 テネシー州出身のカントリーシンガー"デボラ・アレン(Deborah Allen)"。彼女の唯一の全米トップ40ヒットがこの曲"Baby I Lied"でした。 ...星船さん、この曲、このアーティストは僕の記憶になかったです...(^▽^;)。「ビルボードチャート日記 by 星船」◆デボラはカン ...

 この曲の邦題は"アメリカン・モーニング"。"アメリカ人の朝"?"アメリカの人たちの朝の風景"?、"コーヒーはアメリカンで!というモーニング"?そのいずれかはわかりませんが、とにかく「雰囲気」の邦題でした。(原題は"きみをまさに一番必要としているときに"ですね)  ...

「17歳の頃」のヒットで、ここ日本でのジャニス・イアン人気に火がつきました。「冬の部屋」は「17歳の頃」に続くシングル。アルバム「愛の回想録」でも記憶に残る1曲でした。(でも全米ではビルボードHOT100にはチャートインせず。日本ではそこそこ売れました。)◆しっとりと ...

邦題「涙のラスト・レター」…この曲の和訳は難しかったです。というか間違ってないか?不安…というレベルかも(^▽^;)。でもこの曲は好きなので自分なりには頑張ってみました。何と言っても、ロック・オペラの曲を作るジム・ステインマンの作をバリーが歌うっていうのがス ...

 サウンド的にはフィルスペクターの分厚い"ウォール・オブ・サウンド"のこの曲。ハッピーソングのような出で立ちであるがゆえに、哀愁や哀しみを深く表現しているようでもあります。 後で触れますが、歌詞がちょっと複雑でヒネった感じがあるので、あまり歌詞の内容は気に ...

 ジャーニーのこの曲はアルバム"Frontiers"で"Separate Ways(Worlds Apart)""Faithfully"に続く第3弾シングル。スローなバラードでいえば"Faithfully"ですが、覚えやすいメロディでシングルになる前からアルバムのなかでは気に入った曲でした。◆タイトルが"After The Fal ...

↑このページのトップヘ