洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 愛するひとへ

 アル・ジャロウはアメリカのジャズ・ボーカリスト。“We Are The World”にも参加しています。どこで歌っているかというと、アルがリードを取るパートはウィリー・ネルソンの後を受けて“So we all must lend a helping hand~”を歌うのだが、アルのあとが、ブルース・ス ...

 ジェイムスの1995年の中野サンプラザでの来日公演を観ることができました。この曲も聴かせてくれたなあ...!この曲は終盤のコーラスが最高でした。バックボーカルとジェイムスの声が絡み合って素敵でした。最後の最後は楽器はみんなストップ。肉声だけで歌い上げます。 彼 ...

ロッドの1991年の作品「Rhythm Of My Heart」。この曲も聴くとハートビートが「ドラムのように鳴ります」。あらためてPVを見ました。兵士とその家族が出てきます。この曲の1991年という年の出来事として…「湾岸戦争」がありました。 この曲のオリジナルは1986年なので、 ...

 このアルバム"Winter Dreams"は、1985年の「Eric Carmen」(エリックがくわえタバコでギター弾いてるジャケットね)以降、13年振りの新作アルバムでした。 日本先行発売で邦題は「夢の面影」。アメリカやイギリスでは収録曲"I Was Born To Love You"のタイトルがそのまま ...

(この2曲はアルバムだと1曲に繋がっているのですが、そのようなYouTubeがなかったため、手動でお願いします) 今月のアルバム全曲和訳はエリック・カルメンのソロ 3rdアルバム「Change Of Heart」を選びました! エリックのサード・アルバム。タイトル曲"Change Of Heart ...

フレディが生涯愛した人…"Love Of My Life"は聴くといつもジーンとしてしまいます。  クイーンのライヴのハイライトシーンはいくつかあると思いますが、やはりこの曲“Love Of My Life”はフレディとブライアンがステージ中央にて、ブライアンがアコギをフレディに合わせ ...

シャラララ…レイ・ダウン…。終盤のコーラスがなかなかいいです。バングルスのスザンナ・ホフスの初めてのソロ・アルバム「ボーイの誘惑」(原題:When You're A Boy)。1991年にリリースとなりました。 オープニングを飾るのが、この曲"My Side Of The Bed"。スザンナが" ...

↑このページのトップヘ